性なる夜と淫乱サンタさん【出会い系体験談】

出会い系体験談

みなさんメリークリトリス!

サンタさんを信じているおっさん ネットナンパ師Soyだ。

 

サンタはいい子にしていた子供のところに来るらしいな。

俺は悪い上におっさんのはずだが、クリスマスイブの夜、俺のもとにも性なるプチ奇跡がおきたのでその話をしたいと思う。

ありがとうサンタさん!

 

クリスマスイブはセフレとデート

クリスマスイブの日、俺は付き合いの長いセフレ(Sちゃん)と遊ぶ約束をしていた。

この話の子ね。

恋愛相談をされながらセックス【出会い系体験談】
みなさんこんばんは 自称恋愛相談員、ネットナンパ師Soyだ。 ネットナンパでは、一期一会(ワンナイト)の関係を大事にしている俺だが、 たまに何度も会ってセフレ化する子もいる。 セフレが簡単に作れるのも、思ってることが素直に言えるネットナンパの醍醐味だよな。 今日、2年ちょっと前から定期的にセックスしてる子と遊んできたので、その子とはじめて遊んだ時の話をしたいと思う...

クリスマスイブにご新規さんの子と遊ぶと、無駄に金がかかったり恋愛色を出されるかもしれないからな。

お互いただセックス出来ればいいとわかっているので、この子は気が楽なのだ。

 

 

日曜の昼間からラブホ街近くの駅で待ち合わせ。

お互いプレゼントは持参せず。

プレゼント交換より体液交換だよな。

ラブホテルは、日曜&クリスマスイブだけあってどこも混んでいた。

何軒か見て回ってようやく空いているラブホを発見しIN。

 

 

このラブホ、コスプレが充実していてロビーに大量にある衣装を部屋に持っていっていいというシステム。

俺はクリスマスイブという事で、ミニスカサンタの衣装をチョイスした。

それと、Sちゃんが被ってくれと言うので、トナカイの顔のかぶり物もチョイス。

置いてあるコスプレがクリスマス系ばかりだったので、
きっと、どの部屋にも真っ赤なさきっぽの発情トナカイさんと、ミニスカサンタがいるのだろう。

 

キリストもセント・ニコラスも、自分たちが一年で最大の性のお祭りに使われるとは思ってもいなかっただろうなあ。

 

 

部屋につき、俺が先にシャワーを浴び、ベッドで寛ぎながら、Sちゃんのシャワーを待つ。

 

もちろん、トナカイを被ってね。

 

ミニスカサンタとトナカイさん

 

夜遅くまでプレゼント配達(出会い系のメッセージ爆撃)で寝不足気味のトナカイさん。

少しウトウトして気がつくと、ミニスカサンタ姿になったSちゃんが、四つん這いで俺の上に覆いかぶさっていた。

俺がまだボーっとしていると

 

「トナカイさん♪」

 

といいながら唇を重ねてきた。

そのままSちゃんは唇を徐々に俺の首に移動。

首すじにあたる吐息がくすぐったい。

そのまま、舐めたり吸ったりと執拗に首を攻めてくる。

 

 

いつもは俺が攻めるのがだが、普段とは逆のシチュエーションにドキドキする。

俺が起き上がろうとすると、「トナカイさんは寝てて。」と手で押さえつけられた。

 

そのまま俺の首すじを舐めながら、俺のモミの木をパンツの上から撫で回すように触りだした。

恥ずかしながら、首すじを舐められた時から既にギンギン。

パンツから幹の先が顔を覗かせている。

 

カウパー…もとい
樹液も出まくっていたようで、

「何か先っぽから出てるよ♪」

と笑われてしまった。

 

 

そのままパンツを下されフェラ。

 

フェラまでしてくれるなんて最近のサンタさんはトナカイへの福利厚生が手厚い。

ジュポジュポバキュームで吸い、たまに舌先で裏スジを丁寧に舐め上げる。

たまに当たる舌ピアスも気持ちいい。

 

気持ち良さに身をまかせていると、Sちゃんは唇を俺のモミの木から離し、いそいそとモミの木にゴムカバーをかけ始めた。