【出会い系失敗談】 大遠征で失敗!典型的な地雷女

みなさんこんばんは
ネットナンパ師Soyです。

 

 

俺はバカだ!!

 

俺はもう出会い系歴15年以上。

何度も失敗し痛い目を見てきた。

そして、会ってもロクな目に合わない女の傾向は掴んでいるつもりだった。

 

それなのに…

 

それなのに、また地雷を踏み抜いてしまった…。

 

そして、対処法も良くなかった。

といわけで、今回苦汁を飲まされた相手は典型的な地雷女だった。

 

出会い系によくいるタイプの女&失敗ということで、教訓も兼ねてみなさんに俺の体験談を話したいと思う。

Nとの出会い

今回会いに行った女性の名前はNちゃん。

 

高校を卒業し1年過ぎた19歳のニート。

見た目は、インナーカラーをいれたショートボブで、色白、くっきり二重と可愛かった。

 

彼女は飛行機で行くしかないような場所に住んでいたので、俺から声をかけるようなことは無い。

だが、出会い系の掲示板にマイナーなバンドを好きな人はいないか投稿をしたところ彼女から連絡が…。

 

 

そして、彼女の家庭の相談や、就職の相談を受けてるうちに妙に懐いてくるようになった。
(家を追い出されそうだったらしい。)

会う前から我儘だった

出会い系で、会話が噛み合わなかったり、短文だけであったり、ワガママを言う女は会ってからも性格に難アリの女ばかりだ。

とくに「電話をお構い無しにいきなりかけてくる女。」というのは今までハズレしかいなかった。

 

今回のNもまさにそれだった。

 

 

彼女は暇電が大好きで毎日電話をしたがった。

そして、仕事中だからと電話を切ろうとしてもグズって嫌がるんだよね。

正直、毎日3時間も長話に付き合わされるのはつらい…。

 

さらに、彼女のわがままはエスカレートしていく。

仕事中だろうが、夜中だろうが通話に出るまで電話をかけつづけるように。

 

本人は昼も夜もないニート生活をしていたので気にならないのだろうが、こっちは仕事と睡眠時間を削ってるんだよ。

これで、「会いたい」とか「一緒に暮らしたい」と言われても時間も作れなくなるし金もたまらん。

 

 

そして、電話の内容は、

「私を褒めて」

「愛して」

「撫でて」

の繰り返しばかり。

 

(電話でどうやって撫でるんや…)

宿も航空券をとってしまっていた

やり取り当初から、こいつは地雷だなと分かっていた。

 

だが、見た目は可愛い。

 

しかも、通話中オナニーをこっそりはじめるくらいエッチな子で、会ったら処女をくれるとのこと。

 

いや、長い出会い系人生で処女の女のドタキャン率の高さは重々承知していた。

特に、Nちゃんのようにエロくて出会い系になれているけど何故か処女の女はヤレた試しがない。
例:<【出会い系失敗談】処女ビッチには気をつけろ!怪奇!蜃気楼女>

 

この話の時もそうなのだが、遠征&処女って一番慎重にいかなきゃいけないケースなんだよね。
関連記事:<静岡遠征して女子大生のフェラ友ができた【出会い系体験談】>

 

だが、何度も「エッチしてもいいよ!」&「早く会いたい!いつ会えるの?」と言われ続けると、ドタキャンのリスクが気にならなくなってくる。

 

 

俺は危険と感じながらも、とうとう欲に負けて航空券とホテルの予約を取ってしまったのだ。

直前から相手のテンションがだだ下がり

処女は会う予定の直前になると気変わりすることが多い。

『ヤリチンと考えよう「処女は面倒くさい」は本当か?』でも話しているが、処女のドタキャン率は異常なんだ。

 

Nも例にも漏れずそうだった。

会う1週間前になると、返信の頻度も格段に落ち、返信も短文に。

 

LINEの内容も今までは、「ギューしたい。チューしたい。」ばかりだったのだが、「知らんww」などの煽っているというか小馬鹿にしたような内容ばかりに。

 

 

しかも、NちゃんのフルネームをGoogle検索してみてると、私怨とも思える晒しの書き込みが…。

 

どうやら、昔から出会い系で男を探して依存するという行動をしていた模様。

 

ネットに名前と写真が晒されてるって…かなり恨まれてるだろ…。

 

 

こいつ、やっぱり地雷だ。

当日になったら音信不通になるんじゃね。

 

という不安が頭をよぎる。

 

だが、いまさら航空券とホテルをキャンセルしても50%のキャンセル料が取られてしまう。

 

それでも、この態度ならキャンセルした方がいいかもしれない。

ためしに「本当に会う気はあるのか?」と尋ねてみる。

これで、音信不通や会いたくないと言ってくれれば即キャンセルするつもりだったのだが…。

 

 

だが、Nからは「あいたいーw」とヘラヘラした返事が。

 

キャンセル料も高いしどうしよう…。

一応は会う気はあるようだ…。

 

悩んだ俺は、結局キャンセルすることが出来なかった。

 

 

そして、とても憂鬱な気分で会う当日を迎えた。

田舎町へ

飛行機に乗り、俺はNの住む県に降り立った。

空港はそこそこ人がいるものの1歩外に出れば田舎町。

道を歩く人はいない。

 

 

今日もLINEの返信が遅いN。

本当に会いに来るのだろうか。

俺は晴れた空とは対象的な気持ちで空港最寄りの無人駅に向かった。

 

 

今回の待ち合わせ場所は電車の車内、なんせ電車が1時間に1本なものだから目的地が同じならば同じ電車に乗り合わせる事になる。

俺が先にのり、途中からNが乗ってくる約束だった。

 

ボタン開閉式の電車に戸惑いながらも、なんとか電車に乗り宿泊先のホテルがある駅に向かう。

が、Nが乗ってくるはずの駅についても誰も乗ってくる気配は無し。

 

 

乗ってる車両は伝えたのだが、俺がいる車両の開閉扉があく事は無かった。

俺の「電車乗った?」の問いかけにも、「今日あつい」と脈略のない返事があるのみ。

 

バックレられたのか!?

 

その後の返信もなかなか来ず、とうとう電車はホテル宿泊駅に着いてしまった。

Nと対面

今回は1人観光になるかもな…。

 

なんて考えながら、一応は、今日の服装と駅に着いた旨を伝える。

すると、後ろから1人の女が話しかけてきた。

 

Nだ。

 

Nは写真のとおり可愛かった。

いや、生でみる彼女は透き通るくらいスベスベの赤ちゃん肌。

まるで、カメラフィルターで撮ったような肌感。

今時のインスタ女子にしては珍しく、生の方がかわいい!

 

 

そして、いきなり腕を組んでくるN。

胸が腕に当たる。

 

積極性に驚くも、何で電車で声を掛けてこなかったのか聞くと「なんとなく」との返事。

おそらく、別の車両から乗って俺を観察していたんだろうな。

 

 

まあ、それでも会えて一安心。

それに可愛いし。

会う前の小馬鹿にしたような態度のLINEからは嘘のよう。

イチャイチャしてくるNに悪い気はしない。

 

 

俺達は、付き合いたてのカップルのようにくっついてホテルにむかった。

慎重に攻略せよ

ホテルに着いてからも、Nはベッタリだった。

自分から抱きついてくるし手も繋ぎたがる。

 

 

俺の経験則ではバリバリの地雷女だったのだが、ただの杞憂でヤレるんじゃね?

 

そんな気がしてくる。

 

 

だが、この手の女はすぐ機嫌を損ねることが多い。

そして、セックスするのが怖いとも話していた彼女に焦りは禁物。

慎重に行こう。

 

 

俺は自分からはグイグイいかず、彼女が望むままにイチャイチャし、キスをし、少しだけ愛撫をした。

初日はこれ以上はせず。

この後は、抱き合って寝た。

 

 

そして、次の日。

この日も彼女はイチャイチャしたがった。

浴衣もはだけ裸でイチャイチャするふたり。

 

彼女の白いキメの整った肌と、形のいい胸が綺麗だ。

 

じっくり、乳首を口に含み優しく吸い上げる。

彼女は背を反らすように感じている。

 

今日は最後までやってしまおう。

 

少しづつ手を彼女の下半身にむかい這わせる。

その瞬間

 

「んーんーんー!!」

 

と駄々っ子があげるような声を出しながら身をよじり逃げる彼女。

 

 

 

あっこれはヤレないやつだ。

説教

粘ればヤレる事はある。

だが経験上、グズったり、嘘をついたりと、幼児のような拒否の仕方をする女とヤレた試しはない。

 

飛行機代ホテル代を5万以上かけて仕事を休んでまでヤレなかったは痛いなあ…。

 

 

少し間をおいて彼女の下半身に手を伸ばしてみる。

 

その瞬間「痛い!」と大声で叫ぶ彼女。

 

痛いも何もまだ触れてもいないのだが…!?

 

俺「触ってないけど?」

 

N「んーー!痛い!痛い!痛い!」

 

俺「触るのもダメなの?」

 

N「ダメーーーー!!」

 

 

もうどうしようもない。

身をよじり、駄々っ子のように手足を振り回し暴れる彼女。

 

 

事前に、「会ったら首を締めて欲しい。叩いて欲しい。」と言っていたのだが本当に締めてやりたくなる。

 

俺「エッチするって言ったよね?触るのもだめなの?」

 

N「ん”ー…ん”ー…」

 

そっぽをむきながら威嚇する犬のように唸っている。

不貞腐れた顔が憎たらしい。

 

 

 

セックスがだめでも、事前に約束していたフェラをしてもらう算段だったのだが、この態度なら聞かずとも無理だろう。

 

 

 

そういや、こいつ会う前から電話を切ろうとすると幼児みたいにグズってたなあ…。

それに、養ってもらってるのに家族を気遣う様子もなくワガママな生活態度なのも電話越しに分かっていた。
(リビングに家族がいると自分がリビングに行けないと怒り出したり、夜中に電話しながら歌いだしたりね。)

奢ってあげてもお礼すら言わないし、人を気遣う気持ちが根底に無いんだろうな。

「エッチするから来て。」と騙したのも悪気すらないのだろう。

 

やる事をあきらめ、横になりボーと考える俺。

 

しょうがない…。

ひっぱたいてやりたいが、事前に地雷だと分かりながら来てしまった俺のミスだ。

 

残った時間を有意義に使おうと、今から行ける観光スポットはないか電車・バスの時刻表を調べていると…

「ヤレないから怒ってるんでしょ!?」と、怒ったような口調で言う彼女。

 

なんでお前がキレてんだよ。

 

ビッチ処女はヤレないことが多いので、最後までできないことは想定していたが、断り方とその後の態度が終始腹が立つ。

このニートにこの後、飯を奢るのも勿体ない。

 

これから逆転の目は無いので言ってしまおう。

 

ちゃんと伝わるように静かな口調で淡々と答える。

 

 

 

「俺はこの後の時間を有効に使うために今から間に合う観光地がないか調べていただけだ。そもそも、Nがエッチしたいと言うから会いにきたんだろ?それなのになんでNがキレた口調なんだよ。」

「それにセックスが出来ない事は仕方がないとしよう。もともとセックスを怖がっていたし出来ないことは想定していた。だけど、駄々をこねたり嘘をついたり幼児のような態度は非常に不快だ。」

「Nの行動ははじめからワガママで一貫性があった。こちらの迷惑を考えずに電話をしてくるし、困っていると伝えてもグズるだけだったよな。そして、会う直前になって連絡が途切れがちになり、態度が横柄になる。どうしてもというから、値段の高い直前の航空券をとって仕事も休んで連泊にしたのに身勝手すぎるだろ。ドタキャンされるんじゃないかと思ってたぞ。」

「会った後の駄々っ子のような態度やお礼を言えないところもそうだ。根底にあるNの我儘な人間性が伝わってくるんだよ。」

(Nに友達が居ないのも、ネットで悪口かかれているのも、家族に出てけ!と言われているのも分かるよ。)←これは言いそうになったが言葉を飲んだw

 

 

 

そう俺が言い終えると、Nは涙を流していたが、次第に不満そうな表情を見せた。

 

「私ばかりせめないで!そんなこと思う人とは一緒に居たくない。相性が悪かったってことね。」

 

そう言ってNは着替えだし部屋を出ていった。

 

 

実を言うと、我儘でも素直さがある子は、説教をすると逆に上手くいくことがある。

それにかすかに期待して言った所もあった。

 

ただ、Nちゃんはやはり怒り出すよね。

彼女が電話で家族や知人の悪口をよく言っていたのだが、Nちゃん自身が悪いのに無理矢理自己肯定するような発言が多かったからな…。

謝らなかったことも、相性が悪かったで済ませようとするのも、Nちゃんらしい。

 

 

 

そのあと、ホテルに1人取り残された俺。

調べても今から観光できそうな場所は無かった…。

結局、1人でホテルに泊まり、翌朝、俺はこの田舎町を後にした。

はじめから地雷と分かったら飛び込まない

以上が、今回の失敗談だ。

彼女の機嫌をとる選択もあったのだが、もうダメだと判断し説教してしまった。

 

会う前から明らかな地雷だと分かっていたのに、流されて予約をとってしまったのがまず大きな失敗。

そして、キャンセル料の大きさに判断を先送りにしたのが2つ目の失敗。

 

このブログで何度も話しているが、

・会う前のやり取りでおかしいやつは実際に会ってからも性格に難アリなので警戒する
・出会い系慣れしていて処女の女は会ってもヤレないので釣られるな
・遠征はヤレる約束を入念にし、確約がなければ絶対行ってはならない

これは掛け軸に書いて飾りたいくらい大事な事だ。

 

ほんと俺のバカ!

地雷探知機が何重にも警告音を鳴らしてるのに何踏み込んでるんだよ。

 

今回新たに学んだこと

・飛行機での遠征のキャンセル料は高いので申し込む際は冷静に
・地雷女だと分かっていたら会わないのが一番だが、もし予定を組んでしまった時はダメになった時の観光プランも立てておく
・遠征は見た目、性格ともに優れた女相手じゃないとしてはいけない

 

 

久々の遠征で大失敗してしまったぜ。

あと、今回のやらかさなかったが遠征時には普段以上に写真交換を徹底的にする事ね。

みなさんも気をつけて欲しい。

 

 

あと、彼女が出て行ったあと、マッチングアプリをいくつか起動して今すぐ会える人はいないか探したのだが、人が全然いなくてビビったわ。

地方ってほんと過酷な出会い系環境なのな。

地方のみなさんは、負けずに頑張ってほしい。

 

以上、Soyでした。

よかったら、ほかの話も読んでいってくれよな。

 

 

会う前から態度が悪い女は実際にも悪いという警告

なぜ出会い系の女性は上から目線が多い?彼女達は地雷なのか
みなさんこんばんは ネットナンパ師Soyです。 マッチングサイトやアプリで、上から目線の偉そうな女性が多いと感じたことはないだろうか? プロフィールなんて挑発しているんじゃないかと思うくらい攻撃的なヤツもいるよな。 だけど、それは仕方のない事なんだ。 ということで今回は、彼女達が上から目線である理由と、実際に会うと地雷なのか、仲良くなってもいい...

ビッチなのに処女なのは理由がある

【出会い系失敗談】処女ビッチには気をつけろ!怪奇!蜃気楼女
出会い系の失敗談。処女だからといってピュアなわけではない。 中には、変態でビッチな子もいたりする。 そんな子とホテルに行き、散々な目にあった話。

遠征の失敗談

【出会い系失敗談】某県でモルボルに出会ったあ〜【写メ詐欺】
出会い系の失敗談。待ち合わせ場所にきた女は詐欺写メ名人だった… 交通の便が悪い田舎まで来てしまった俺。 帰りのバスはまだ来ない どうやって逃げればいいんだ
【出会い系失敗談】ネットナンパはじめて物語
俺の出会い系デビュー戦の話 当時はカメラ付き携帯も少なく相手の似ている芸能人を信用するほかなかった… しかし、待ち合わせ場所に現れた女は…