ひま部はJC・JKだらけ。大人はやめておけ【出会い系の評価】

出会い系アプリ&サイト

みなさんこんばんは
ネットナンパ師Soyです。

 

ひま部はnanameue incが運営する学生限定ひまつぶしコミュニティだ。

 

学生をターゲットにした交流サービスは、いままで「ふみコミュ」「ゴルスタ」などがあったが、現在はサービス内容が変更されたり閉鎖されてしまっている。

警察は未成年が犯罪に巻き込まれる事にかなり本気で取り組むから、学生対象のコミュニティサービスは運営が難しいのだろうな。

ひま部の今後もどうなるのか非常に興味があるところだ。

 

 

というわけで、今回はひま部についてレポートしていきたいと思う。

ひま部はどんなアプリなのか

まずひま部で出来ることを解説していこう。

基本的には、タイムライン投稿、サークル(コミュニティ)、チャット、通話で構成されている。

 

タイムラインはみんなのつぶやきが時系列で表示され、返信やフォローも出来る。ツイッターやワクワクメールのつぶやきみたいな感じだね。学生中心とあって、欲求丸出しの投稿がよく見られる。

 

サークルは、「彼氏彼女が欲しい人」、「変態集まれー」など色々なコミュニティーがある。サークルの中身はタイムラインと同じで、サークル加入者の投稿が時系列で流れている。全体のタイムライン投稿よりクローズドなせいか、より欲求丸出しだ。笑

 

チャットは、2人チャット複数人のチャット部屋がある。月額プランに入ると画像の送信も出来るが、2回閲覧すると画像が消去されたり、スクショをすると相手に通知が行くなどプライバシーに配慮した仕様になっている。

 

チャット画面から通話をすることもできる。ビデオチャット機能も出来たりと、企業が運営しているだけあって機能が豊富だ。(この手のコミュニティアプリは個人が作ったいい加減なものも多い。)

ひま部は出会い系ではない

そもそもひま部は、出会い系ではない。

 

運営はSNSとしてアプリを提供し、利用規約でも異性交際目的の利用を禁止している。

本サービスは、異性紹介を目的としたサービスではありません。ユーザーは、本サービスを利用して異性交際に関する情報を送信してはなりません。

ひま部利用規約

 

 

当然、SNSなので出会い系サイトの運営に必要なインターネット異性紹介事業の認可は受けていない。(未成年の出会い系利用を防ぐ為の法律なので当然だけど。笑)

 

だが、公式HPでも2人で会うことは禁止していても、どうしても会いたい時は複数人で会おうと記載していたり、出会いそのものを禁止しているわけではないようだ。

 

 

コミュニティ内の投稿をみても、「新宿駅でこれからご飯行ける人」、「遊べる人募集」といった投稿もあり出会いに利用している人達は多くいる模様。

この手の投稿が削除されないって事は、本腰を入れて対処はしていないんだろうな。

 

いままで、出会いを厳しくしたSNSは衰退してきた歴史があるから、ひま部も厳しくは出来ないんだと思う。(警察の指導と収益の板挟みだな。)

大人でも登録出来るがやってはいけない

ひま部は、学生専門コミュニティではあるが、実は大人でも登録は出来る。

公式ヘルプによると大人のアカウント凍結基準は厳しめみたいだけどね。

 

ただ、大人が出会い系として利用するのは非常にリスクがありおすすめできない。

まず、諸兄もご存知だろうが18歳未満に手を出すと青少年保護育成条例違反となる。

また、20歳未満と外泊した場合は、未成年者略取・誘拐罪となるリスクもある。

 

実名報道されてしまうと、職を失い再就職もままならなくなってしまう。

5ちゃんねるの児童○○で逮捕されたら…スレなんかを読んで見てほしい。家庭を失い、生活保護まで落ちてしまった先輩たちが沢山いるぞ。

わざわざJC・JKだらけのひま部で出会いを求めるのは、自ら地雷原に飛び込むようなものだ。

大人は、インターネット異性紹介事業の届け出を出している安全な出会い系で合法の18歳以上と出会おう。

未成年のリスクについて詳しくはこちらの記事で詳しく解説している。

出会い系で気をつけたい18歳未満との性交のリスクと対策
みなさんこんばんは。 ネットナンパ師Soyです。 出会い系サイトやマッチングアプリを利用していると未成年の利用者を見かけることも珍しくない。 メッセージで交流するだけなら問題はないが、18歳未満との性交は淫行禁止条例違反にあたるということはみんな周知の事実だと思う。 君子危うきに近寄らず だが、出会い系に紛れ込んでいる18歳未満は、歳を...

今後も厳しくなる可能性大

冒頭で話したが、警察は未成年が犯罪に巻き込まれないようにかなり力を入れている。

出会い系サイト規制法により、出会い系の年齢確認を必須とし、SNSも厳しい指導が入るようになった。

 

かつて流行った「友達作りトーク」や、「ぎゃるる」「スマとも」なんかも大きく警告文が出るようになり、規制も厳しく、今では過疎ってしまっている。

かつての学生コミュニティ「ふみコミュ」や、過去に流行った携帯ゲームサイトも規制により今では閑古鳥が鳴いている。
関連記事<出会い厨が大集合NEOの思い出を語る>

 

「犯罪→規制→過疎」は未成年も使えるSNSが必ず辿る道と言ってもいい。

ひま部も、2016年に東京都の35歳の男性が、17歳女子高生にみだらな行為をしたとして逮捕される事件がおきている。

1度このような事件が発生してしまうと、警察から厳しい指導が入り、段々と規制が重くなっていく。

 

今では、ひま部も電話番号登録を求めるようになっているし、公式Twitterによると学生証の提示を検討するツイートもみられた。

過去の歴史を見る限り、今後も厳しくなっていくのだろう。

おそらく、出会いに関する書き込みにも制限が入っていくと思われる。

 

そして、過疎っていくのだろう。

ひとまず、大人が近づくには危険なアプリと忠告しておく。

 

 

以上、Soyでした。

よかったら、ほかの記事も読んで行ってくれよな。

おすすめの出会い系サイト

1番おすすめはPCMAX(R18)だ。
運営15年以上、会員登録数1200万人以上の最大手のマッチングサイトなので、知っている人も多いと思う。
アクティブユーザーも1日50万人いるので、簡単に出会いやすい。
俺もメインの出会い系として、長年愛用している。
女性は無料。
男性は、登録無料で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
上のリンクから登録すると、新規登録ポイントと年齢認証ポイントが20→30ポイントに増えるキャンペーン中だ。