可愛い女の子にナマで入れてとせがまれた話【出会い系体験談】

出会い系体験談

みなさんこんばんは!

ゴムビールにゴム春巻きにゴムチョコ…
いやーきついっす
食べ物は生派ネットナンパ師Soyだ!

 

出会い系にはたまに、ネットで出会いを探す必要が無いんじゃないか?と思えるくらい可愛い子が潜んでいたりする。

今日は10年くらい前、俺がまだネットナンパ駆け出しだった頃、可愛いハーフの女の子に生セックスを誘われた時の話をしたいと思う。

女性は生とゴムどちらが気持ちいいのか?

 

「膣は鈍感だから、生でもゴムでも女性の気持ち良さはかわらない。」

これは中学生の頃読んだバイブル、『ザ・ベスト』のセックステクニックの特集に書いてあった言葉だ。(デラべっぴんだったかもw)

 

とにかく、それを見て以来、信じこんでいた俺。

だって聖典(エロ本)に書いてあるんだもの。

当時、童貞キッズにはその「膣」という単語だけで興奮もので、疑いを持たず書いてあるものをテスト勉強そっちのけで丸暗記した。

(若い人に注釈、昔はエロ本は18禁じゃなかったのだ。中学生が買うには勇気が必要だったが。笑)

 

 

で、月3,000円のお小遣いを全てエロ本へと費やしていた少年は、大人になり、水が低い位置に流れるかの如く、あたりまえにネットナンパ師になっていた。

 

 

出会い系でハーフの子と知り合う

そして、10年くらい前。

時は携帯ゲームサイト全盛期。

あるサイトで色んな女の子のプロフィールを覗いていると、目鼻立ちがくっきりとした可愛い女の子を発見。

 

(プロフィールに彼氏持ちって書いてあるな。でもタイプだな…ダメ元でメッセージ送ってみるか。)

 

送ってみるとあっさり返事が返ってきてすぐ直メールに移行するこが出来た。

この女の子名前はJちゃん。

フィリピンハーフで高校を卒業したばかりのニートの女の子。

ハーフだからこんな目鼻立ちクッキリしてたのか。

学年でも最上位レベルじゃないかな。

写メ交換を何枚かすると、Jちゃんは頼んでもいないのに水着姿の写メなんかも送ってきてくれた。

 

 

水着姿を見せられたら触れなきゃ失礼だよな。w

「水着姿に興奮した。」なんて話から自然とエロトークへ。

Jちゃんはエロトークもノリノリで、確かフェラが好きって言ってた気がする。

 

(でも、彼氏いるんだよな…。ダメ元で誘ってみるか…。)

 

Soy「今度遊ぼうよ。」

俺が勇気を絞り誘ってみると二つ返事でOKとのこと。

 

やった!

 

Soy「いつ遊ぼうか?」

 

Jちゃん「土日は彼氏と遊ぶから明日ならいいよ。」

 

 

話がはやい!

 

まだメール初日だぞ。w

 

が、ニートでお金がないからJちゃんの地元でなら遊べるとの事。

最寄駅を聞いて調べてみると何もない田舎まち。

 

カラオケすらない…。

ゲーセンと…公園と…

唯一ラブホテルが一件あるだけである。

 

Soy「Jちゃんの地元ラブホしかないけど…ラブホ行く?」

 

Jちゃん「うん!じゃあ12時に駅前集合ね!」

 

なんというトントン拍子でしょう。

もう股間はビンビン囃子です。

 

そして、このJちゃんのおかげで気付く。

 

 

プロフィールに彼氏持ちってわざわざ書いてる女の子は遊ぶ目的であると…。

 

 

実際この通りで、SNSだったらただの暇つぶしの子も多いが、とくに出会い系ではプロフィールに彼氏持ちと書いている子は話が早くてすぐヤレるのでおすすめだ!w

話を戻して、俺は可愛い子とヤレると思うと興奮してしまい、この日はなかなか寝付けず。

 

遠足前の子供みたいに枕元に『あしたもっていくもの』(0.2mmのコンドーム・財布)を並べて、ギラギラしたまま強引に眠りについた。

 

美少女とラブホテルへ

Jちゃんと会う日当日、俺は電車を乗り継ぎはじめての駅に降り立った。

駅を出てすぐに気づいた。

 

Jちゃんだ!

 

明らかに目立つ可愛い子が柱の前に立っていた。

 

写メ詐欺じゃなかった!

 

生でみるJちゃんは、少し褐色の肌。

前髪を斜めに流しておでこを出した黒髪ロング。

綺麗に二重のラインが入った瞳に、通った鼻筋。

水着の写メで見た通り、スレンダーで頭も小さくスタイルが良かった。

 

 

 

挨拶もほどほどにすぐラブホに向かうことに。

ラブホに向かう途中、話すことが思い浮かばず黙っていると「変な人だったらすぐ帰るつもりだったよー。」と言われる。

 

よかった。
セーフだったが、少し焦る。

 

俺はお世辞にもイケメンではないので、彼女の基準は甘いのかもしれん。

 

 

ラブホに平日の昼間からイン。

部屋に入っても、とくに話す事もないのでJちゃんに抱きつくと笑いながら抱きつき返してくれた。

 

 

このJちゃん気がきく子で、この後すぐジャケットをハンガーにかけてくれたり、エアコンの温度は丁度いいか聞いたり色々気をまわしてくれる子だった。

そのおかげか、当時、ネットナンパ歴も2~3年程度のひよっこ、いままでで一番の美少女に緊張しきっていた俺も少し慣れ、Jちゃんとメールのように気軽にトークができるように。

 

Jちゃんの事を色々聞いていると、はじめてセックスをしたのは1年前で、経験人数は30人くらいとのこと。

 

一年でその人数は凄いな…。

 

このJちゃんもそうだが、ヤリマンの子って気が回る子が多い気がするのだが、みんなの経験ではどうだろうか?

 

俺はこのJちゃんのヤリマン具合に興味が湧いてきてしまって、

「地元から出られないって言ってたけど、いつもこのホテルでセックスしてるの?」

とか

「みんなサイトで知り合った人?」

なんてAV冒頭のインタビューばりに質問しまくってしまった。w

 

美少女とベットイン

 

質問がしつこかったのか、

Jちゃんは「いいからエッチしよ♪」と首に手を回しながら俺にキス。

 

そのまま、なし崩しにベッドに倒れこんでキスの嵐。

 

流れに身を任せ美少女のキスを存分に味わいながら、Jちゃんの服に手をたくし上げる。

 

細いクビレに触り心地の良さそうなキメの整った肌。

Jちゃんはトラ柄のブラをしていた。

そして、このブラはフロントホック。

スムーズに外したかったが、うまく外せず手こずっているとJちゃん自らブラを外してくれた。

 

 

ホックがとれたブラを左右に開くとBカップくらいの可愛い胸がそこにはあった。

ツンと形もよく、褐色肌でも色素の薄さがわかる乳首。

Jちゃんは美乳の持ち主だった。

 

俺は、男のバイブル、ザ・ベストに書いてあった「胸は周りから攻めるのじゃ」という教えを無視して「辛抱たまらん!」と乳首にむしゃぶりついた。

 

しゃぶっても味はないのに美味しいって思える乳首って不思議だ。

 

 

そして、乳首を舐めながら、パンツ越しにJちゃんのアソコを手のひらで擦るともう十分湿っているのがわかった。

そのまま、パンツを横にずらし指を挿入。

すると、Jちゃんは腰を押し上げるようにビクビク反応し子猫のような喘ぎ声をあげた。

 

クチュクチュ音を立てながら手マンをしていると、徐々にJちゃんの喘ぎ声も大きくなりクチュクチュ音が全く聞こえなくなるほどに。

 

そろそろ俺も我慢ができないので、

Soy「挿れていい?」
と聞くと

Jちゃんは
「じゃあ、フェラしてあげる。」と起き上がって俺のベルトを外しはじめた。

 

Soy「ありがとう。」
と自分から申し出てくれたJちゃんに興奮しつつ、自分でズボンを脱ぎはじめると

Jちゃんは
「私いつも入れる前にフェラしてるんだ♪」とご機嫌な感じで俺がズボンを脱ぐのを待っていた。

 

ズボンとパンツを脱いでJちゃんに言われるまま横になると、Jちゃんは待ってましたとばかり亀頭を咥え込む。

咥えながら、口の中で舌を左右に動かしたり、頭を上下にジュポジュポ咥えたり。

時たま上目遣いで俺の顔を見ながらフェラ。

 

可愛い顔が上目遣いでなお可愛い。

 

その可愛い子が俺のSoy100%を咥えこんでいるのだ。

 

最高である。

 

このままだとイッてしまうので、フェラをやめてもらっていよいよ挿入へ。

 

 

俺がゴムをつけようとすると、「私ナマがいい。」と制止。

 

Soy「赤ちゃんできちゃうよ?」

 

 

Jちゃん「でも、ナマの方が気持ちいいしナマがいいな。」

ナマでしてもいいのか!?

 

ザ・ベストよ!ナマとゴム気持ち良さは変わんないんじゃなかったのか!?笑

でも…

 

 

正直、ナマでやりたい…!

 

 

が、相手はヤリマンビッチちゃん。

 

性病リスクがあるやもしれん…ぐぬぬ

 

Jちゃんを妊娠させてしまうのも可哀想だ。

 

Soy「子供できたら、Jちゃん困るだろ。」とJちゃんの頭ポンポンとなでてゴムをつける。

 

心の中で涙を流しながらね。w

 

 

Jちゃんは
「こんな人はじめてだよー」
と不満そうだった。

(そうか、みんなナマでと懇願されたら断れないのか…)

 

なんて考えながら、いよいよ挿入。

 

「私喘ぎ声大きいんだ」と聞いていただけあって、入れた瞬間から大きく喘ぎ鳴くJちゃん。

 

挿入する俺にギュッと抱きついて下から腰を打ちつけてくる。

 

Jちゃんのあそこもヌルヌルでゴムが取れてるんじゃないかと錯覚するぐらい気持ちいいぞ。

強く抱きしめられて耳元で喘がれるから少しうるさい。笑

 

でも、スベスベな肌とヌルヌルなアソコが気持ちよくて夢中で腰を振った。

抱きついて離さないJちゃんも可愛かったしね。

 

 

そのまま、正常位でピストンを続けフィニッシュ。

 

俺の脈打つチンコに合わせて、Jちゃんもアソコを締め付けてくるので全部搾り取られるような気分だった。

 

 

その後も2回おかわりw

セックスが終わって2人でベッドで横になっていると、急に

「私って悪いんだ♪悪いんだ♪」
と言い出すJちゃん。

 

(な…何が悪いんだろう…「実はみんなとナマでしてるのは性病をばら撒くため。」とか言わないよな…)汗

 

と思っていたら
「平日の昼間から彼氏じゃない人とセックスしてるなんて私悪いでしょ♪」と笑っていた。

 

内心ホッとしながら

「悪い子だね。悪い子はお仕置きだね。」
とベタなことをいいながら2回戦に突入。

 

 

また、ナマで入れてと言われたけど断固ゴムをつけてセックスしたのでした。笑

 

そのあと、一緒に風呂に入って髪がクルクルになったJちゃん(天パをアイロンで伸ばしていたらしい)を見てなぜか興奮してもう一発。

 

結局3回美少女を堪能。

 

顔も可愛いし、体も綺麗で、優しい子だから(貞操観念0だがw)今後もセフレになりたいと思っていたが、翌週には音信不通に。

 

 

ニートのままだと親に携帯止められるかもって言ってたから多分止められたんだろうな。

その後もSNSでも見かけることはなく、Jちゃんのその後は知らない。

今でもあのペースでヤリマンやってたら今頃300人プレーヤーだな。w

 

ハーフの美少女は最高だった

以上、フィリピンハーフは生がお好きって話。

俺はこのJちゃん以来、女の子にナマとゴムどっちが好きかたまに聞くんだが、「わからない」・「どっちも気持ちいい」がほとんどで、「ナマのほうが好き」は2割いないと思う。

 

ザ・ベストはやっぱり正しかった!??笑

 

ということで、Soyでした。

よかったら、他の体験談も読んでってくれ。

 

Jちゃんと知り合ったSNSと同じSNSでクリーチャーに遭遇した話はこっち

【出会い系失敗談】某県でモルボルに出会ったあ〜【写メ詐欺】
出会い系の失敗談。待ち合わせ場所にきた女は詐欺写メ名人だった… 交通の便が悪い田舎まで来てしまった俺。 帰りのバスはまだ来ない どうやって逃げればいいんだ

最近ハーフの子とした話はこっち

ロシア人ハーフとセックスした話【出会い系体験談】
出会い系の体験談。ビッチな子は話は早いし楽しませてくれるし最高だと思う。 ハーフだって言われるまで気づかなかった。

この田舎町のこのラブホテルにもう一度来ることがあろうとは…w

恋愛相談をされながらセックス【出会い系体験談】
出会い系の体験談。ぶっちゃけた話ができるのは出会い系ならではだよね。 恋愛相談のためにあったのだが気づいたらオフパコしていた。 寝取っているみたいで興奮した。

一番かわいかった子の話

1番興奮した思い出。美容師の卵の子【出会い系体験談】
出会い系の体験談。出会い系人生で歴代NO.1のかわいさの女の子。しかも処女だった。 しかし、2回目あった時は1回目の彼女と様子が違かった。 色々な意味で記憶に残っている女性。

 

 

じゃあ、また遊びに来てくれよな!

おすすめの出会い系サイト

俺の1番おすすめはPCMAX(R18)だ。
出会い系の最大手だから、すでに登録している人も多いかもな。会員数が多く出会えるので、俺も長年メインで使っている。
登録無料で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
上の紹介リンクから登録すると、新規登録無料ポイントと年齢認証ポイントが20→30ポイントに増えるキャンペーン中だ。次点でハッピーメール(18禁)もおすすめ。

おすすめの出会い系サイトまとめ&ちょっとしたコツ
↓↓
『初心者におすすめの出会い系サイト!コスパ良し安全に出会える』