PR

オタサーの姫は感度抜群で生セが好きだった話【出会い系体験談】

出会い系体験談

みなさんこんばんは
オタサーの姫の逆はあるのか気になるネットナンパ師Soyです。

 

 

生セックスって気持ちいいよな。

トロトロと絡み合って、これぞ本来のセックスという感じがする。

ゴムという壁を隔てている時点で、それはもう偽物の快楽とすら思えてしまうくらい気持ちよさが違う。

 

 

それで、出会い系をしていると、この生セの誘惑はよくある。

これに打ち勝つのって、かなり大変なんだよな。

誘惑に勝てなかったこともあるし、断る時はいつも血の涙を流していた。

 

今回は、1人暮らしの地雷系女子大生の家に行ったら、生セを誘われた時の話をしたいと思う。

俺が一番使っている
遊びで最強のおすすめ出会い系
スタートダシュキャンペーンで最大+1500ポイント
↓↓
PCMAXweb版(18禁)

1人暮らしJDの家に遊びに行く

「Soyくんー。」

 

と名前を呼ぶだけのLINEが、普段はやり取りをしていない相手から届いた。

 

彼女の名前はももか。

22歳の女子大生で、半年くらい前に一回オフパコをしたわけだが、返事が返ってこなくなってしまいそれきりの相手だった。

 

 

出会い系の出会いはインスタントで、連絡が途切れたらそれっきりということが多い。

だが、まれに再び連絡をくれる人もいる。

まあ、本当にたまにしかないわけだが、その分熱い相手だったりする。

ももかは1回セックスしていることもあり、またセックスできるのは間違いないだろう。

 

 

めちゃくちゃ敏感な子だったよなー。

 

なんて思い返しながら、すぐに返事を返した。

 

 

俺「久しぶり。」

 

ももか「ひさしぶり。」

 

ももか「ねーSoyくん遊ぼー。」

 

 

ももかは甘え上手というか図々しいタイプなのだが、こういう時は話が早くていいな。

 

 

俺「いいね。俺もももかに会いたいと思ってた。いつ空いてる?」

 

ももか「明日は?」

 

俺「明日はごめん。仕事あるわ。来週の平日は?」

 

ももか「空いてるけど学校あるよー?おしゃれなカフェいきたい。」

 

「学校終わりは?俺はももかの家行きたい。笑」

 

 

ももかみたいなタイプには、こちらも図々しく出るに限る。

前回は、初対面だったこともあり家は却下され、カフェ→公園→ラブホのコースだったのだが果たして…。

 

 

ももか「えーーー。じゃあ、スタバ買ってきてくれるならいいよ!」

 

 

よし!!今回もセックス確定だ!

 

オタサーの姫はヤリマン

電車を乗り継ぎ、ももかの家に向かう。

車窓には畑が広がっている。

 

 

ももかの地元駅にはスタバがないので乗り換え駅で買ってきたのだが、もう冷めてそうだぞ…。

 

 

大学生ばかりの駅に降りると、ももかは家の住所をLINEで送ってきた。

 

ももか「ここが家だから着いたら教えてね。2階だけど部屋は305号室だから。」

 

学生しかいない街だし、駅まで迎えに行くのは、知人に見られるから嫌だったんだろうな。

 

 

 

ももかの家にはすんなり着いた。

チャイムを押すと、ドアがガチャと空いた。

 

 

俺「久しぶり。」

 

ももか「Soyくんー。ワァァー。」

 

猫なで声でぴょんと小さく飛んで俺を歓迎してくれる。

そうだった。

普段は作った声で、たまに地が出るとキツめの声になるんだよ、ももかは。

 

 

久々にあったももかはと言うと、

白いブラウスに、白いモコモコのケープ。

チャコールグレーの厚めのミニスカートにニーハイを履いたいで立ち。

髪はロング、黒ベースでピンクのメッシュが入っている。

 

顔の作りは平均より下な感じではあるが、メイクもちゃんとしてるし可愛いぞ。

 

 

このももかちゃん。

前に聞いた話だとヤリマン。

彼氏もいるけど、セフレも2人いると話していた。

2年前に処女を卒業してから、経験人数も40人突破している中々の猛者。

 

 

そして、大学の研究室では女ひとり。

めちゃくちゃ姫扱いされているらしく、

相当食い散らかしているのだろう。

 

と思ったのだが、大学では一切手を出さず、ピュアなオタサーの姫を演じきっているらしい。

 

俺「全員穴兄弟にしないの?」

 

ももか「ちょwそんなの崩壊しちゃうじゃん。」

 

とのこと。

1人暮らしJDの家でセックスする醍醐味

ももかの部屋に入る。

田舎なせいか部屋は広めだ。

 

大きなベッドに、パソコン机に、テーブル。

壁には、ももかが好きな2.5次元舞台や女性アイドルのポストカード的なものがいくつも貼られている。

カーテンレールには、たたんでいない洗濯物が干しっぱなし。

ハンガーラックには、ガーリーな地雷系の服装が並ぶ。

 

 

こういうひとり暮らしの女の家に上がり込んで、そこでセックスするのが出会い系の醍醐味なんだよな。

一番好きなシチュエーションだ。

 

 

手洗いを済ませると、ももかがハグの姿勢で待ち構えていたので、すぐに抱きしめてキスをした。

背伸びをしてくれているのが可愛い。

 

 

ニーハイの女は久々だったので、キスをしながら絶対領域をめちゃくちゃ撫でまわした。(今でも絶対領域と言うのだろうか?)

ニーハイは元々根強いけど、最近また履く人が増えてきて嬉しいわ。

 

ニーハイ第一次ブームの頃の話。

【出会い系失敗談】出会い系で付き合った女は浮気するのか?
出会い系の失敗体験談。 出会い系にいる女は浮気をするのだろうか…。俺がガッツリ浮気されていた時の話。 クズい奇跡により発覚したw

 

隣の住人に聞かせてあげたい

ももかは、完全にスイッチが入ったかのようにキスをし続けてくる。

まだ、一言二言しか話してないぞ。

と思ったが、顔を合わせてすぐにおっぱじめるのも、野生動物みたいで良い。

 

 

キスをしながら、おしりを両手で強めにまさぐると、ももかは「ンッ…」と声を漏らし俺にギュッとしがみついた。

 

 

15分はキスをし続けただろうか。

ももかはもう立っていられないのか、俺の太ももにアソコを乗せるようにしがみついている。

そして、腰を前後にアソコを擦りつけてくるように。

もう濡れているのか、俺のズボンにまで染みてきているのが分かった。

 

 

ももかの腰の動きが大胆になってきたので、いよいよ触ってあげることにした。

お尻側から、アソコに指を這わせる。

 

すると、思っていた通りビショビショ。

太ももをつたうくらい果汁が溢れでている。

 

 

パンツの隙間から入口をピチャピチャと触ると、ももかは「はうッ…!んっ!」と喘ぎ、俺にギュッとしがみつく。

静かな夕方の部屋にピチャピチャという音だけが響いた。

 

 

その時、

 

カンカンカンカン

 

と隣の人が階段を登り帰ってくる音がした。

 

 

 

俺「外の音よく聞こえるんだね。」

 

ももか「うん。結構聞こえるー…。」

 

俺「隣は男の人?」

 

ももか「うん…大学生。」

 

俺「じゃあ、聞かせてあげようよ。」

 

 

ももかを壁際においやり、そこで手マンを開始する。

 

ももか「…っ!あッ…。」

 

片手は壁に手をつき、もう片手は口元をおさえ、声を出さないようにするももか。

 

 

ももか「だめ…聞こえちゃう…。」

 

俺「大丈夫だよ。違う部屋からだと思うんじゃない?」

 

ももか「バレるよぉw女はたぶん私だけっ…だもん。」

 

俺「へー。ももかがエッチなことバレちゃうね。w」

 

ももか「絶対…っだめだよー。」

 

バレたらダメといいつつ、声も抑えきれていないし、アソコもトロトロに溢れかえっていた。

ニーハイ立ちバック

壁際ではダメと言いつつも、ももかは俺のベルトに手を伸ばす。

 

俺がそれにあわせてズボンを脱ぐと、ももかは俺の息子をしごき出す。

 

 

ももか「欲しいです…。下さい。」

 

 

ももか「挿れてください…。」

 

 

俺「じゃあ、おしり突き出して。」

 

 

ももか「はい…。」

 

 

壁に手をつき、おしりを従順に突き出す。

 

 

俺はゴムをサッつけ、スカートをまくりあげて挿入した。

奥まで差し込むと、ももかは「ハッ…アアン!!」とはっきり喘ぐ。

ピストンをすると、トロトロの小陰唇が棒に吸い付いてきて気持ちいい。

 

 

俺「隣に聞こえちゃうよ?」

 

というと、必死に手で口を覆うももか。

ビシャビシャで気持ちいいし、ニーハイミニスカートでの立ちバックがエロすぎる。

 

 

立ちバックのままクリトリスを刺激すると、

 

 

ももか「それだめっ…!!」

 

 

ももか「~~!!!!ン…!!!!!!!!」

 

 

声にならない喘ぎ声をだし、ビクンビクンと身を震わす。

 

 

ももか「イッ…イッちゃった……。」

 

 

挿入から1分足らずでイッていた。

10秒に1回ペースでイク女

その後しばらく立ちバックをしていたが、ももかが苦しそうだったので、ベッドに移動した。

 

 

今度は、正常位で挿入だ。

ブラウスをはだけさせ、淡いピンクのブラをずらすと、Bカップの小ぶりなおっぱいが顔を出す。

ももかのスレンダーな身体と相まって可愛らしい。

 

 

胸を両手でつかみながらピストンを繰り返す。

 

すると、ももかは、

 

 

ももか「ん…それっ…!!またイキそう。」

 

 

ももか「イッちゃう!イッっちゃう!!イク…イクっ!」

 

 

と背中をのけ反らしながらイッた。

 

 

正常位をしばらく楽しんだあとは、側位にチェンジ。

側位している時の女の人の後ろ姿が好きなんだよな。

うなじや肩がきれいで。

 

 

喘ぎ声しか聞こえない静かな空間。

ぬいぐるみが溢れるベッドの上で挿入している、この光景もたまらない。

乳首を後ろからつまんだまま、首筋を舐めると、ももかはまたビクンビクンと体を震わせてイッた。

 

 

 

前に会った時も敏感だったけど、今回は前にもまして感度抜群だな。

側位から流れるように、寝バックにチェンジ。

 

もう、ももかはいっさい声が我慢できていない。

 

 

ももか「アッ…!アッ!!気持ちい…♡」

 

 

ももか「それ…!イク…♡」

 

 

ももか「イッちゃう!イクっ!!!」

 

 

と何度もイク。

寝バックが一番気持ちいいのか、10秒に1回のペースでイキ続ける。

 

 

俺「ももか声でちゃってるよ?絶対隣の人気付いてるよ。」

 

と耳元でささやくと、

 

 

ももか「これでも、声…我慢してるうう…。」

 

 

ももか「あッ!!!!イクっ!!!!」

 

 

と、言ったそばから大声イッていた。

 

もう50回はイッたんじゃないだろうか。

 

 

最後は、正常位で抱き合い、キスしあったままフィニッシュ。

 

隣人どころか、道を歩く人にも聞こえていたと思う。w

生で挿れてくれないの?

その後は、ふたりでベッドに寝転がりながら、イチャイチャした。

 

俺「ももかすごくイッてたね。」

 

 

ももか「すごい気持ちよかった…。」

 

 

ももか「スイッチはいっちゃった。」

 

 

ももか「スイッチはいっちゃうと、下腹を抑えられるだけでイッちゃうんだよね。」

 

 

俺「まじで!?それで気持ちいいものなの?」

 

 

ももか「気持ちいいよ。外から子宮揺らされると壊れちゃう。」

 

 

敏感すぎるだろ。

そんな女なかなかいないぞ。

 

 

俺「下腹押されて、おしっこしたくなるなら分かるけど。ここ?」

 

そう言いながら、ももかの下腹を押してみる。

 

ももか「あっ…♡」

 

 

しばらく、ふざけて下腹をおしたり、乳首を転がしたりしていたのだが、

軽くマンコも触ってみると…。

 

 

俺「ももか、めちゃくちゃ濡れてない!?」

一度丁寧に全部拭いたはずなのに、お尻までビチャビチャに濡れている。

 

 

ももか…!!気持ちよくなっちゃって…!」

 

 

ふざけていただけなのに、感じていたのか!

 

 

そして、俺の息子に手を伸ばすももか。

しごいて大きくしようとしてくる。

 

 

ももか「責任とって挿れて??」

 

 

俺「ゴムもう持ってきてないんだよ。」

 

 

普段はゴムは2個は持つようにしているのだが、前日に違う女の子とオフパコしてきたので、補充し忘れていた。

 

 

ももか「じゃあ、生でいいじゃん。」

 

 

俺「ももか今日は危険日じゃない?ピル飲んでるの?」

 

 

ももか「飲んでない。…だから外に出せばさ。出来るでしょ?」

 

 

俺「シャワーも浴びてないし、浴びたとしても管に残ってるからダメ。」

 

 

ももか「空気に触れてるから大丈夫だよー。やつらはもう機能を失っている。」

 

 

ももか「わたし生の方が好きだな。」

 

 

俺「………。」

 

 

ももか「ねえ。生で挿れてくれないの?」

 

 

可愛い声色を作り、上目づかいで見つめてくるももか。

 

 

めちゃくちゃ揺らいだ。

ももかは可愛いし、アソコも臭くないしな。

生で挿れたら絶対気持ちいい。

 

 

俺の結論はというと…。

 

 

NO!

 

 

孕ませるわけにはいかねー。

 

 

俺「今度は沢山ゴム持ってくるから。」

 

すると、

 

 

ももか「あっ待って。ゴムあるかも。」

 

 

ポーチをあけて、ゴムを渡してきた。

 

 

お前、最初からゴムあること分かってたろ!w

 

 

ちなみに、ももかは空気に触れれば大丈夫と言っていたが、精子は空気に触れても4~5時間は死なないというのを補足しておく。

 

感度抜群は才能

この後、シャワー浴びてゴムをつけてまたセックスした。

 

ももかの話では、生とゴムは違って、生の方が断然気持ちいいらしい。

生とゴムどっちが気持ちいいか聞くと、違いが分からないと言う女性が結構いるが、「生の方が断然気持ちいい。」と答えるあたり、ももかの感度の良さの才能を感じる。

よくまことしやかに開発なんて言ったりするけど、ももかみたいな女に会うと、結局は感度は生まれ持った才能なんだと俺は思う。

中イキの才能について語っている↓

 

 

そのあとは、完全に冷め切っていたスタバを飲んで帰宅。

帰りの電車の中、生ですればよかったと、ちょっぴり後悔したのでした。

 

以上、Soyでした。

よかったら、ほかの話も読んでいってくれよな!

生中OKのセフレの話

22歳看護師に抜かずに連続中出しした話【出会い系体験談】
みなさんこんばんは ロマンチストのネットナンパ師Soyです。 俺には夢があった。 それは、壮大でロマンあふれる夢だ。 生挿入し、イッた後も腰を振り続けて何度も膣内に射精をする。 そして、女性の膣内を俺の精子で満たす。 そんな連続中出しに、男なら憧れるよな。 しかし、この夢にはいくつもの壁があった。 まず、勃起と興奮の維持。 基本的に1回で打ち止めの俺。 そもそも、萎えずに連続射精できるのか? そし...

おすすめの出会い系サイト

俺の1番おすすめはPCMAXだ。
出会い系の最大手だから、すでに登録している人も多いかもな。会員数が多く出会えるので、俺も長年メインで使っている。
登録無料で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
登録は、アプリ版よりポイントが安くキャンペーンがあるPCMAXweb版(R18)がお得だ。次点でハッピーメール(18禁)もおすすめ。

ほかにも遊びでも使える出会い系アプリをまとめてみた
↓↓

タイトルとURLをコピーしました