出会いSNSチャットの評価・誘導業者専用アプリ【出会い系の評価】

出会い系アプリ&サイト

みなさんこんばんは
ネットナンパ師Soyです。

 

今回、レビューする出会い系アプリは「出会いSNSチャット(SnsChat)」。

Appストアには、『出会いSNSチャット – 出会いチャットは完全無料の即会い系出会い探し! 』と登録されている。

 

結論から言うと、

他サイトへの誘導業者(他の有料サービスに登録させるユーザー)が使いやすい機能が特徴のアプリだった。

 

SNSチャットの使い方から、どの辺が業者に使いやすいのか、ネットナンパに使えるのかなど正直な感想をレビューしていきたいと思う。

出会いSNSチャットの機能・使い方

ホーム

30文字以内でつぶやきが投稿できる掲示板機能だ。

性別や地域などの絞込みはできず、みんなのつぶやきが一覧で表示される。

 

このホーム画面の右上には足跡機能もある。

隣のハートマークはタイプ機能。

プロフィール画面にあるタイプボタンを押すと相手に通知が行く仕組みだ。

発見

ユーザーの検索機能だ。

画面左上の虫眼鏡アイコンで、年代と性別を絞り込むことができる。

地域は絞り込むことはできないので、近場の人を探すにはプロフィールを見に行くしかない。

その度に広告が挟まるので、少しウザイかな。

 

 

写真を見ておかしいと思ったかもしれないが、見てのとおり同じユーザーばかり。

これはなぜかというと、ユーザー一覧に、掲示板に書き込んだユーザーが追加され、重複して表示されるからだと思われる。

わざわざ、そんな仕様にするのはユーザー水増しのためだろうね。

掲示板は同じユーザーが連投して使用していて、書き込みすべてがユーザー一覧に反映されてしまう。
(掲示板が過疎気味だから連投になってしまうのだと思う。)

そのため、同じユーザーがずらっと並んでしまうのだ。

 

フルハウスやファイブカードが出来た時は思わず喜んでしまった!w

会計777円のレシートのようなありがたみ。

メッセージ

他のユーザーと1対1のチャットができる機能だ。

チャット1通の最大文字数は10文字まで。

「きみかわいいね?どこ住み?てかLINEやってる?」

のような定番?ワードはもちろん一呼吸では送れない。w

動画広告をみれば20文字まで送れるのだが…

それでも、短いよね。笑

 

チャット画面の後ろには、LINE、カカオのID交換はアカウントが永久凍結と書いてあるが、NGワードがないのか普通に交換できた。(業者とw)

そして、後で詳しく説明するが、このチャットには誘導業者が利用しやすいシステムが組み込まれていた。

マイページ

プロフィールを編集する機能だ。

プロフィールの項目は、

写真
名前
性別
年齢
住み

の5つのみ。

プロフィールは、アプリインストール後、ユーザー登録の際に必ず入れなければならない。

写真も必ずアップロードが必要。

 

名前は初回登録時以降変更ができないが、性別、年齢、住みは後からでも自由に変更が可能。

ネットナンパに利用するには、この簡単にネカマができる機能ってよくないんだよなー。

出会いSNSチャット(SnsChat)の料金

出会いSNSチャットは完全無料で利用することが出来る。

課金要素は一切ない。

 

そのかわり、広告量が多い!

数ページ画面を切り替える度に一面広告が…

足跡通知も、広告付き。

そして、ユーザー検索の絞りを使おうとすると動画広告がスタートする。

かなりウザイのだが、無料だから致し方なしか。
(動画広告が出る度にタスクキルで消して我慢。w)

 

同じ完全無料のアプリだと、ぎゃるるなんかに比べると広告料は少ないかな。

出会いSNSチャット(SnsChat)は、同じサーバーのアプリがある。

「出会いSNSチャット」のAppストアのページを見てみよう。

開発者は、「myoungsook woo」。

ミョンソク ウーさんって読むのかな?

 

このデベロッパのその他のAppを見てみると、ほかに2つの出会い系アプリが出てくる。

「ひまチャットで出会い探し – Withトーク」と、「出会い密室トーク – 恋人募集は完全無料で出会いチャットできる出会い系アプリ!」のふたつだ。

実は、出会いSNSチャットとこの二つのアプリは、微妙にデザインが違うだけで、機能はまったく同じ。

そして、サーバーも一緒。

 

この3つのアプリの掲示板は共通していた。

「myoungsook woo」さん手抜きすぎるよ。

アプリ内の機能を見ても、最小限の労力で広告費を稼ごうという魂胆が伝わってくる。w

出会いSNSチャットは誘導業者御用達の出会い系アプリ

プロフィールの性別を女性に変更するとわかるのだが、女性ユーザーはページを数ページ切り替えると、
「相性の良い人にあいさつのメッセージを送りますか?」というメッセージが出てくる。

「いいえ」、「確認」という選択肢が意味不明だが、「確認」を押すと男性ユーザーに一括メッセージが送信されるのだ。

 

1回でメッセージが送られる人数は15人ほど

「ランダムでメッセージを送りました!」と書いてあるが、
夜中の4時でも半分以上返事があり、自分のプロフィールを男性にしている時に受信するメッセージの挙動から考えると、現在ログイン中の人にメッセージが送られるようだ。

 

 

送られるメッセージは、「はじめまして」、「ひま?」、「絡む??」、「どもー」など。

誘導業者は、このアクティブユーザー15人にメッセージが送れる機能を利用して、ラインから他のサイトへの誘導をおこなっていた。

誘導業者の1人とラインしてみる

俺も1人ラインをしてみたが、動画配信サービスへ登録させる誘導業者だった。

ラインアカウントは業者が良く使うLINE@を利用したものではなく、ひとつの電話番号でひとつしか持てない一般のアカウントを使用していた。

LINE@を使う業者についてはこちらの記事を読んで欲しい↓

出会い系に咲く季節はずれの「サクラ」と遊んでみた体験談
 みなさんこんばんは ネットナンパ師Soyです。 出会い系に咲く花といえば、「サクラ」。 出会い系未経験者の方は、「出会い系」=「サクラだらけ」というイメージがある人もいるんじゃないかな。 会えることの無い幻想に、お金と時間を注ぎ込むなんて悲しすぎる。 といっても、サクラがいるサイトって昔より少なくなった気がする。 いや、俺のネットナンパ暦ももう15...

 

しかし、この業者の誘導雑すぎるだろ。

夕方以降や土日は返信が無くなるので会社組織でやっているのかも。

出会いSNSチャット(SnsChat)はネットナンパに使えるのか

50人ほどにメッセージを送ったが、返事が返ってくるのは誘導業者ばかり。

そして、地域の絞込みができないので近場の人を探すのも一苦労。

広告が多く、操作性も悪いのでストレスがたまった。

 

おそらく、この操作性の悪さと、一斉送信機能からの大量返信で女性ユーザーは疲弊してしまうのだろう。

女性ユーザーは離れ、男性ユーザーと誘導業者ばかりという印象を受けた。

プロフィール文も無いので、業者と一般ユーザーの判別も難しい。

 

業者だらけなので、狙うとしたら掲示板に頻度に書き込んでいる女性を狙うのがよさそうだ。
(競争率すごいだろうけど)

 

 

そもそも出会いSNSチャットは利用規約で異性との出会いを禁止している。

インターネット異性紹介事業の届出を出していない脱法出会い系では、このような規約はよくあることなのだが、このような携帯認証すらないアプリは犯罪に利用されることもままある。
(例:ぎゃるる狩り事件など)

業者も多く効率も悪い、出会いのために使うアプリではないかな。

出会いSNSチャット(SnsChat)の退会方法

退会方法は簡単だ。

「マイページ」→「右上の設定アイコン」→「その他」→「削除する」で全てのデータを消去することができる。

まとめ

出会いSNSチャットは、他の出会い系アプリにくらべ業者比率の高いアプリだと感じた。

それもそのはず、業者が使いやすい機能が備わっているのだから。

ただ、HPに誘導しようとする業者は、一生懸命、巣に餌を運ぶアリのような健気さがある。

我こそは昆虫博士という方はインストールしてみてはいかがだろうか。

 

以上、Soyでした。

よかったら、ほかの記事も読んでいってくれよな!

おすすめの出会い系サイト

1番おすすめはPCMAX(R18)だ。
運営15年以上、会員登録数1200万人以上の最大手のマッチングサイトなので、知っている人も多いと思う。
アクティブユーザーも1日50万人いるので、簡単に出会いやすい。
俺もメインの出会い系として、長年愛用している。
女性は完全無料。
男性は、登録無料、月額費不要で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
上のリンクから登録すると、新規登録ポイントと年齢認証ポイントが20→30ポイントに増えるキャンペーン中だ。次点でハッピーメール(18禁)もおすすめ。

おすすめの出会い系サイトまとめ&ちょっとしたコツ
↓↓
『初心者におすすめの出会い系サイト!コスパ良し安全に出会える』