【出会い系失敗談】おっぱいツンツン女

ウルルン失敗談

みなさんこんばんは!

ラッセンより普通におっぱいが好きなネットナンパ師Soyです。

 

 

「おじさんになると若いだけで可愛く見えちゃう。」

子供の頃、仲の良かった近所の陽気なおじさんが、テレビに映る女性アーティストを見て言った一言。

なんの気無しに発した言葉であったのだろうが、俺の胸に深く残っていた。

 

そして、俺がおじさんになって思う。

 

本当に若いだけで可愛く見える!

と。w

 

 

若い頃には見向きもしなかったような子が、おじさんになると魅力的に見えるんだよね。

 

若さっていうのは、それだけでキラキラと魅力に溢れているもんだ。

恋人が見つからない、容姿に自信がない男女は、対象年齢をあげてみたらいいんじゃないかな。

君の良さに気付いてくれるかも。

 

話がズレたw

 

まぁ、ネットナンパを長く続けていると、そんなにブスでもないのに何故か放流してしまったということもある。

そして、時が経って相手の魅力に気づき後悔するのだ。

 

みんなも、「あの時ヤッとけば良かった。」っていう経験あるんじゃないかな。

 

据え膳食わぬは男の恥。

今日は、ちょいブスくらいならヤッておけば良かった。

いや、むしろ今思い返すと上玉だったのでは?

という昔話をしたいと思う。

 

出会い系で知り合った巨乳のショップ店員Yちゃん

 

今回は、俺がネットナンパ師として駆け出しだった20代の頃のお話。

 

その子は、メル友募集掲示板で見つけた渋谷でショップ店員をしている19歳の女の子だった。

 

当時はまだ、カメラ付きの携帯も少なく写メは貰えなかったのだが、オシャレな女の子が好きな俺は、ショップ店員というだけで期待が膨らんだ。

 

胸もDあるらしく、彼女の「会ったら触っていいよ。」という言葉だけで俺は興奮し、期待と股間ははち切れんばかり。

 

確か福島から上京して来たっていってたかな。

東京に友達がいないせいか、本気で俺と会いたいようだった。

 

Soy©️とあだ名を付けられる

Yちゃんは、今の若い子は使わなくなったが、名前の後ろに©️(「ちゃん」の意味)をつけてくる子で、俺のことをSoy©️(ソイちゃん)と呼んでいた。

俺からも、「©️をつけて呼んでほしい。」

と言うので、
俺もY©️(ワイちゃん)と呼ぶように。

 

はっきり言って、この©️が嫌だったのだが、「お互い©️をつけた方がラブラブっぽいよ。」という彼女に悪い気はしなかった。

このせいで、彼女とのメールを友達に見られてからは「ソイシー」と呼ばれるハメになったんだけどね。w

 

そんなこんなで、顔も知らないのに、いちゃラブメールを続けた「Soy©️」と「Y©️」は初デートをすることとなった。

 

ショップ店員のワイシーと渋谷・原宿デート

待ち合わせ場所は渋谷ハチ公前。

いよいよY©️との初デートだ。

相手がショップ店員ということもあって、精一杯オシャレもしてきた。

今日は古着屋巡りをして、その後、あわよくばホテルに行く予定である。

 

 

待ち合わせって緊張するよな。

この時は、出会い系初心者な上に、相手の顔が分からないという状況。

かなり緊張したのを覚えている。

ハチ公前は人が多かったが、俺は写メを送っていたせいか彼女はすぐに俺を見つけ声をかけてきてくれた。

 

 

そして、目の前に現れた彼女は、

 

 

芸人の永野さん似の巨乳だった。

 

髪型も永野さんのセンター分けをロングにした感じ。

 

 

服装は水玉模様のチュニック1枚にストレートのデニム。

おしゃれとは言えない。

 

 

これがY©️なのか?

 

 

本当にショップ店員…?

 

 

勝手に期待を膨らませていた分、ラッセンが好きそうな彼女への落胆は大きかった。

 

ショップ店員じゃ無かった事が発覚

とは言っても、せっかく会えたのだ。

デートを楽しまねば。

 

俺たちは予定通り買い物をしながらお話することにした。

 

そして、話の中で彼女がショップ店員ではない事が発覚する。

 

俺「渋谷でショップ店員してるって言ってたけど何て店で働いてるの?」

 

Y©️「スーパー。」

 

俺「えっ?スーパーって名前がつくブランド?」

 

Y©️「スーパーのレジ係だよ。」

 

俺「えっ…」

 

 

えー!

 

ショップ店員じゃないの!?笑

 

確かに、服屋よりレジ係りが似合いそうな風貌だけれども…。

 

俺「ショップ店員って言ってたから服屋さんで働いてると思ってた。」

 

Y©️「スーパーもショップだと思って。」

 

 

 

確かに…!

 

 

ってその理屈なら、駄菓子屋でも、AV屋でもショップ店員って事になるぞ!w

 

その発想には驚愕だったが、彼女に騙す意図はなかったのかも知れない。

ネットナンパに職業は関係ないしね。

要はタイプかどうかが大事なのだ。

 

 

まあ、見た目は永野さんだけど。

 

実は一緒にいる間、おっぱいがずっと当たっていた

この子とは買い物をしながらたくさん会話をしたはずなのだが、なぜかスーパー店員だったことしか思い出せない。

 

でも、今でも覚えている事がある。

 

それは、歩いている時も、服屋の中でも、俺の腕や背中におっぱいが当たり続けていたことだ。

ポヨンポヨンと俺の背中をノックし続けるおっぱい。

でも、その時は不思議とエロい気持ちにはならず。

 

巨乳だし当たってしまうのだろう。

本人は気づいてないんだろうな。

 

程度にしか思っていなかった。

 

 

後で、気になって別の女の子に聞いたら

「敏感なところなのに、気づかないわけ無いじゃん。ワザとだよ。」

と言われる。

 

 

 

あててんのよ!

 

 

ってヤツだったのか。

 

確かに胸を揉む約束はしていた…。

 

だが、永野ショック・ショップ店員ショック・知人に遭遇ショック(買い物中、知り合いの女の子に話しかけられた)が重なり、俺のエロメーターは萎え、ホテルに行くという発想すら忘れていたのだと思う。

 

彼女は乳房を押し付けることで、俺を誘っていたのかもしれない。

 

 

買い物を終え駅にむかっている時

「次はどこに行く?」

という彼女。

 

俺は何も考えず、

「暗くなったし、そろそろ帰ろう!」

と答えたが、今考えるとあの状況では誘ってたっぽいよな。

 

 

俺は絶好球を見逃したのだ。

 

最後に

 

結局、彼女とは徐々に疎遠となり、2度目のデートはなかった。

だが、最近は妙にこの時のことを思い出す。

それもこれも、永野さんがテレビに出るようになったからだろう。

よく見れば永野さんもカワイイしな。

 

 

 

あの、おっぱい揉んでおけばよかったな…。

 

以上、後悔先に立たずというお話でした。

 

Soyでした。

よかったら、ほかの話も読んで行ってくれよな!

 

この話よりさらに少し前、写メ交換をせずに酷い目にあった出会い系デビュー戦の話はこちら↓
(この時ヤラなかった事は後悔していないw)

【出会い系失敗談】ネットナンパはじめて物語
俺の出会い系デビュー戦の話 当時はカメラ付き携帯も少なく相手の似ている芸能人を信用するほかなかった… しかし、待ち合わせ場所に現れた女は…

おすすめの出会い系サイト

俺の1番おすすめはPCMAX(R18)だ。
出会い系の最大手だから、すでに登録している人も多いかもな。会員数が多く出会えるので、俺も長年メインで使っている。
登録無料で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
上の紹介リンクから登録すると、新規登録無料ポイントと年齢認証ポイントが20→30ポイントに増えるキャンペーン中だ。次点でハッピーメール(18禁)もおすすめ。

おすすめの出会い系サイトまとめ&ちょっとしたコツ
↓↓
『初心者におすすめの出会い系サイト!コスパ良し安全に出会える』