【出会い系失敗談】派手髪の奢らせようとする女。歴代No.1の地雷

みなさんこんばんは

ハデ髪では無くハゲ髪。ネットナンパ師Soyです。

 

 

俺は今まで200人以上の女とデートしてきたが、この前トップクラスの地雷女と遭遇してしまった。

いや、もうNO.1地雷女と言っていい。

 

出会い系をやっていると地雷女は避けられないもの。

だが、今思うと判断の甘さ・遅さなど、反省すべき点は山ほどある。

 

 

という訳で学習も兼ねて、今回知り合った地雷女の話をしたいと思う。

会う前の地雷女の印象

今回会った地雷女の名はNちゃん。

大学進学で上京してきた19歳のJDだ。

 

趣味は、カラオケポートレート写真を撮ること。

自称おしゃれさんで、自分のお洒落を貫いている人がタイプとのこと。

 

見た目は、真っ青な髪に丸眼鏡。

背は170cm以上あり細身でスタイル抜群。

 

プロフィール写真の彼女は、ポートレートが趣味と言うだけあってオシャレでカッコイイ…!

写真をくれと言わなくても、どんどん写真を送ってくれるんだよね。

 

 

スタジオで撮ったという彼女の写真は、CDのジャケットのようだったし、夜の工場をバックに撮った写真はファッション雑誌のようだった。

 

細くてスタイルがいいので、へそ出しのファッションも映える!

 

ここまでいい意味で個性的な女とは会った事はあまりない。

 

いつもは知り合わないタイプのオンナに俺のテンションは上がった。

会う前から大きくなる不安

だが、会う前から不安が無かった訳ではない。

いや、むしろかなり不安が大きくなっていった。

いきなり電話

俺の長い出会い系人生の中ではっきり言えることがある。

断りもなくいきなり電話をかけてくるヤツは漏れなく地雷だった。

これはもう地雷の指標にしてしまっていい。

 

普通の人は「電話かけていい?」、「もしもししよ?」などと言ってくるが、地雷は夜中だろうがお構いなしに電話をかけてくる。

そういう人は、会ってみるとやはり他人への配慮が出来ない我儘な人しかいなかった。

 

Nちゃんも、最初だけ断りを入れてきたものの、2回目からは夜中にいきなり電話をしてきたので、かなり地雷の臭いがしていた。

 

しかも、いつも話が一方的で、好きなアニメキャラの話をして1人で暴走しているだけだった。

知らない界隈の名詞や動詞を使うので何を言ってるかもわからない。

 

んな「尊い!尊い!」と連呼されても知らねーよ…。

写真は加工しか送れない

彼女は写真を何枚も送ってくれたが、顔がアップの写真はどれもフィルターが強かったし、ポートレートは顔がはっきり写っていないものが多かった。

そして、どの写真も少しだけ加工しているから期待しないでとのこと。

 

じゃあ、加工していない写真を頂戴と言ったのだが、無加工は持っていないのだと。

 

あれだけ、自撮りを毎日送ってくるくらい写真撮ってるくせに、何で無加工が1枚も無いんだよ!笑

 

「今度、初期のカメラアプリで撮って送ってよ。」

 

と言っても、「嫌だ。」と返ってくるだけだった。

理想が高い腐女子

当たり前の事だが、相手に求めるルックスのレベルは本人の容姿に関わらず人それぞれだ。

美人だから美人としか付き合わないという事はないし、反対にブスだからと言って相手がブスでも許容できるという訳でもない。

 

 

そして、この地雷女は夢女子&腐女子でもあった。

ざっくり言うと、夢女子や腐女子というのは、アニメや漫画のキャラの恋愛や性欲の対象にしている女性を言うのだが、彼女が好きなキャラはどれも超美形。

 

中性的で綺麗で儚い見た目のキャラが好みのようだった。

好きな芸能人も、有名なイケメン俳優ではなく、中性的な美人の名前ばかりあげてくる。(若い頃の三輪さんがいいとか。)

 

 

話を聞く限り男の好みは性格は悪くてもいいらしく、かなりルックス偏重。

 

若くて綺麗で中性的な男が好き。

 

あれ?ブサメン髭おっさんの俺と全然タイプ違くね?

なんで、こいつ俺と会いたがってるの?

 

理想が高すぎるコイツは俺と会ってもガッカリするだけなんじゃないと思った。

夜遊びばかりしていた

そして、Nちゃんは上京してきても学校をあまりいかず、家にも帰っていないようだった。

そして、毎晩朝まで飲み歩いているとのこと。

未成年にも関わらず飲酒・喫煙もしている模様。

 

自己規律が出来ない人は、他人にも迷惑をかける人が多い。

あーこれは地雷率さらにアップだわ。

突如の呼び出し

Nちゃんは、何度も俺に会いたがった。

だが、相手は地雷臭のする女。

 

地雷女だった時のダメージを減らすためにも、せめてお金のかからない会い方をしたい。

彼女の提案する突発的な飲みや食事は、すべてお断りしていた。

 

できれば、相手の家に遊びに行くだけにしたい。

 

そのため予定を立てて遊ぼうと言ったのだが、

「私覚えられないから、いきなりじゃないと遊べないんだよねー。」

とのたまう。

 

もう、こいつはいいか…と放流しようと思っていたのだが。

 

突如、彼女から、
「今日、お泊まりしよう!」との提案が。

 

その前にエロトークをしていたのもある…

 

正直、宿泊費すらおしいと思っていたのだが、彼女も今回はやたらとしつこい。

 

彼女の提案するとおり完全個室のネットルームでお泊まりしようということになった。

 

この時点ですでに時刻は22時30分。

デブスモンスター現る

待ち合わせ場所は、彼女が行こうと提案したネットルームとは、丸い山手線でいうと反対側の駅だった。

俺からすると、行って戻る事になるので現地集合を提案したのだが、待ち合わせ場所はどうしてもそこがいいとのこと。

どうも、そこで飲んでいるので迎えに来て欲しいらしい。

 

 

しょうがなく駅で待っていたのだが、待ち合わせ時間になっても彼女は来ない。

そして、LINEの返信すらない。

 

 

15分経過。

もう帰ろうか。

 

と思った矢先彼女から待ち合わせ場所についたとの連絡が…。

 

そして、すぐに彼女とおぼしき人が目に止まった。

 

鮮やかな青い髪の女なんて1人しかいない。

 

が、違う!!

いや、違うと思いたい!!

 

 

だって、俺の目にうつるのは青髪のスレンダー美人じゃなくて、青髪のハンターハンターのモラウだったから!!
(google画像検索:ハンター×ハンター モラウ)

 

または、デトロイト・メタル・シティーのロン毛のファンね。
(google画像検索:DMC ファン)

 

 

パンパンに太った顔に、やたらと濃いメイク。

そして、樽のような分厚いボディ。

 

パンパンの顔、どぎついメイクと派手髪もあいまって、まさにモンスターだった。

性格もクズ

まず、遅れて来たことに詫びもしない彼女。

「はじめまして。」の一言には、ヤニ臭さと口臭が混ざった異臭が漂う。

 

こいつ…タバコ吸ってて遅刻してきやがったな?

 

そして、すぐにネットルームに向かおうという彼女。

だったら、やっぱりネットルームのある駅で待ち合わせでよかったんじゃね!?

 

無駄な時間と金使わせやがって。

だが、Nちゃんはさっさと改札をタッチして行ってしまった。

 

 

俺のミスはここ。

実は、まだギリギリ家に帰れる電車も残っていた。

 

が、彼女に続いてSuicaをタッチしてしまったのだ…。

奢ってくれアピール

ネットルームのある駅に到着した。

もう時間的に帰れる電車は残っていない。

 

そして、彼女の提案。

「居酒屋と、ネットルームどっちがいい?」

いや、もともとネットルームの予定だろ。

 

 

俺「寒いし早くネットルーム行こうぜ。」

 

モラウ「酒飲みたいー…。」

 

その後も、散々酒酒ブツブツ言っていたが、俺は流して歩を進める。

 

そして、ネットルームに到着。

 

が、彼女は入口で、

 

「えーーどうしよっかな。お金持ってきてないんだよね。下ろしてこよっかなー…」

 

「えーーどうしよ。お金無いー。」

 

「えーーー。」

 

奢ってくれと言わんばかりの間。

 

何この妙に演技がかった言い方。

お前が、急遽呼び出して泊まろうって言ったんじゃないか。

 

というか、金ないのに居酒屋、居酒屋うるさかったの?こいつは。

 

 

俺「(精算は)あとにして、ひとまず入ろうぜ。」

 

とひとまずネットルームに入るように促した。

地獄の8時間スタート

ネットルームの受付で6時間か9時間か聞かれた。

俺は翌朝から仕事なので8時にはネットルームを出なきゃ行けない。

なので、6時間でも十分だったのだがー。

モラウ「9時間!9時間にしよう。」

まあ俺も7時間くらいの滞在が丁度いいからと9時間でもOK。

 

 

そして、禁煙ルームか喫煙ルームか聞かれるやいなや…

 

モラウ「喫煙で!」

 

こいつ…相談も無しに即答しやがった。

 

かくして、俺とモラウの地獄の8時間はスタートしたのだった。

寝タバコをはじめるトド

Nちゃんはブースに入るやいなや、灰皿を掴みフラットシートに寝っ転がり、すぐにタバコに火をつける。

そして、一言、

 

モラウ「寝タバコが1番うまいんだよね。」

 

知らねーよ。

 

俺はタバコは吸わない。

だから、姿勢で味が変わるのか分からないし、ただ息苦しいだけだ。

 

「未成年がタバコ吸うなよ。」

というと、

「へへっ。」

 

とタバコを吸いつつ笑って答えただけだった。

そして、寝たままタバコを2本吸い終えるやいなや、昨日オールで寝てなくて疲れたから寝ると寝始めてしまった。

イビキ&無呼吸症候群

寝ると言って、彼女が寝るまでが早かった。

時間にして30秒くらい。

 

なぜ分かったのかと言うと、ズゴズゴといびきをかき始めたからだ。

 

はじめは、

ズゴー…ズゴ…

程度だった。

 

なので、俺も漫画を隣で読んでいられた。

が、10分後。

 

ズゴゴゴゴ…ズゴゴゴゴ…

 

ゴゴゴゴ…

 

 

もはや、いびきというより、響きである。

揺れているような感じがする。

 

そして…、

 

ズゴゴゴゴ…

 

ズゴゴゴゴゴゴォ…

 

……

 

 

 

音が止まった。

 

と思ったら、

 

ズ…ガッ…!

 

ゴッ…!

 

 

ズゴゴゴゴォ…

 

音が再開した。

 

これ、テレビで見たことあるけど睡眠時無呼吸症候群ってやつじゃね?

そりゃあ、こんな丸々としてれば肉が気道を塞ぐわな。

 

しかし、こんなにイビキがうるさいと俺が眠れないんだが。

と思ったら、自分のいびきの音にビックリしたのか、いびき音が大きくなった瞬間にハッとした表情でNちゃんは起きた。

 

モラウ「……いびきかいてた?」

 

俺「すげーうるさかったぞ。地鳴りかと思った。」

 

モラウ「ちょーと…恥ずかしいから先に寝てー?」

 

とパシンと俺を叩くNちゃん。

デブのパワーで叩くんじゃねー痛えーよ。

 

そして、喋らなくなったと思ったら1分後。

 

ズゴゴゴゴ…

 

ズゴゴゴゴォ…

 

再びイビキをかき始めた。

 

 

寝るの早すぎだろ!!

それで、先に寝てくれとか無理だろ!笑

 

 

寝姿はまるで、樽がころがっているよう。

本人は漫画のNANAに憧れているようだが、NANAではなくトドなんだけど…。

 

メイクも、写真に映えるようにするためかやたら濃いが、アイシャドーもアイラインも下手くそだと男の俺でも分かる。

 

 

見た目も中身も汚いなあ。

なんで俺、こんなやつと一緒に寝てるんだ…?

 

しばらく我慢していたが、イビキと息苦しさにもう耐えられん!!

 

俺はブースを出て、漫画喫茶のラウンジへ移動。

ラウンジは暖房が入っていないのか冷えたが、煙い密室の中で地響きのようなイビキを聞いているよりマシだ。

 

そして、そのまま朝を迎えた。

寝起きの悪いデブ

ラウンジには朝になり起きてくる人がチラホラ出てきた。

あと、30分ほどで出なければ仕事に間に合わない。

 

俺は、ブースに戻る。

このネットルームは、1人残して出ることは出来ないのだ。

 

 

すると、Nちゃんは相も変わらずイビキを響かせながら寝ていた。

もう時間なので、揺すってみる。

全く起きない。

「起きろ!もう時間だぞ。」

と言いながら頬をトントンと叩いてみる。

 

少し反応したが起きない。

 

何度も頬をトントン叩く。

すると、ようやく起きたかと思いきや、再び寝た。

 

 

おそらく、声のトーンに俺のイライラが出ていたのかもしれない。

俺が怒っていると考えて寝てやり過ごそうとしたのだろう。

このブタは俺が先に1人で出ていく事を期待しているのだ。

 

 

何度も頬をペシペシとすると、ようやく観念したのか起き出した。

が、不自然過ぎるほど、こちらは一切見ようとせず背をむけ動かない。

そして、スマホをいじったり、「あー…」なんて言いながらダルそうに首を回している。

 

これも現実逃避の気持ちと、俺が先に出ていくことを期待しての行動だろう。

 

 

前日に、「明日は会社だから早めに起きてくれよ。」と言っておいたにも関わらず、急ごうともしない姿勢に殴ってやろうかと思った。

 

「時間だから早く行くぞ!」

 

と促すと、ようやく服を整えはじめ荷造りをはじめた。

根っからの嘘つき

そして、チェックアウト。

後ろから着いてくるNちゃんは、

 

「あーだるっ。」

 

「学校どうしよ…。」

 

「これからどうするかなー。」

 

と1人でブツブツ言っている。

 

鍵をフロントに返し、靴のキーを受け取る。

 

会計は前会計で俺が立て替えていた。

 

Nちゃんの言動からして奢らせる気満々だったようだが、散々な目にあって二人分の金を払う気は俺には無い。

 

それにこいつ、お礼も言わず、お金の事には一切ふれずにやり過ごそうとしてたからな。

このクズには絶対奢りたくない。

 

俺「自分の分はちゃんと払えよ?」

というと、Nちゃんは、

 

「あっ…そうそうそう…いくら?」

 

としらじらしく言っていた。

 

 

そして、値段を告げると財布から金を取り出す。(&値切られた。w)

その時、見えたのだが財布は普通に金が詰まっていた。

 

こいつ、金を持ってないというのはやはり嘘だったな。

 

 

思い返せばNちゃんは嘘だらけだった。

 

待ち合わせでは明らかにさっきタバコを吸ったばかりといった臭いを漂わせていたが、ずっと吸えてないからタバコを早く吸いたいと嘘を付き。

 

充電器を持っているのに、充電器が無いからフロントから借りてきてと嘘を付き。

 

金を持っているのに、手持ちのお金が無いと嘘を付き。

 

そもそも、重加工で別人になっている時点で嘘だ。

本人は、「色味だけで加工はほぼしてないよ。」と言っていたが、絶対重加工しなきゃあのトドのような腹がモデル体型にはならないわ。

 

 

このあとも帰り道に「私はまだ(ネットルームに)居たかった。先に帰れなかったの?」と1人で文句をブツブツ。

「はじめに明日は仕事だから早く出るって言っただろ?」とまじで、殴ってやりたくなった。

俺の反省点

・重加工のデブス
・相手の都合を考えない
・タバコを吸って遅刻
・口臭が臭い
・勝手に喫煙ブースに決め配慮もなし
・たかろうとする
・息をするように嘘をつく
・地鳴りのようなイビキ
・ダルそうな悪態

Nちゃんは地雷要素てんこ盛りの女だった。

 

俺の反省点は以下の通り、

・待ち合わせの段階で逃げなかったこと

地雷女は避けられるものではない。
が、性悪な事は会う前から予想はついていた。
そして、デブスと確定した時点で逃げるべきだったのだ。
決断の遅れが今回の不幸を招いてしまった。

・ネットルームで強引にでも禁煙ルームにしなかったこと

喫煙所があるのだから、強引に禁煙ルームにして下さいとフロントに言えば良かったのだ。
ここでも、まあいいかと思ってしまったのもミス。
この時の判断の遅れのせいでジャケットも臭くなってしまったし、肺の痛みは3日間続いた。
地雷被害を最小限にするなら引くべきでは無かった。

 

良かった点

・自分の分は払わせたこと

これだけは良い判断だった。
これで奢らされでもしたら、まさに踏んだり蹴ったりだろ。
ただ、これはじっくり時間があったから言えて当たり前。
前述の瞬間的な判断を出来るようにならなきゃダメだな。

 

Nちゃんからは、この後、

「可愛くなくてごめんなさいねー。笑」

とLINEが来た。

 

正直、「歴代NO.1のみにくさ。」と言ってやりたかったが、関わりたくもないので即ブロック。

いやーほんと地雷だと分かる手がかりが沢山あったのに…反省だ。

 

以上、今まででNo.1の地雷女の話。

Soyでした。

 

よかったら、ほかの話も読んで行ってくれよな!

みんなも足立区の派手髪には注意だぞー。

 

俺の出会い系デビュー戦の話。
今思うと、昔からハズレに遭遇した時の判断に弱い。w

【出会い系失敗談】ネットナンパはじめて物語
俺の出会い系デビュー戦の話 当時はカメラ付き携帯も少なく相手の似ている芸能人を信用するほかなかった… しかし、待ち合わせ場所に現れた女は…

 

出会い系プロフィールの地雷女判別法

プロフィールで出会い系に潜む地雷女を見極めろ!【独断と偏見】
みなさんこんばんは ネットナンパ師Soyです。 出会い系、マッチングアプリは魑魅魍魎が潜んでいる。 普通の生活では関わることの無いやべーヤツらだ。 だいたいそういうヤツは会う前にわかる。 それでも「せっかく繋がれたし会ってみるか。」と会ってしまうのは男の性。 そして、毎回後悔するハメになるのだ。 という訳で今回は、後悔しない...

おすすめの出会い系サイト

1番おすすめはPCMAX(R18)だ。
運営15年以上、会員登録数1200万人以上の最大手のマッチングサイトなので、知っている人も多いと思う。
アクティブユーザーも1日50万人いるので、簡単に出会いやすい。
俺もメインの出会い系として、長年愛用している。
女性は完全無料。
男性は、登録無料、月額費不要で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
上のリンクから登録すると、新規登録ポイントと年齢認証ポイントの合計が40→60ポイントに増えるキャンペーン中だ。次点でハッピーメール(18禁)もおすすめ。

おすすめの出会い系サイトまとめ&ちょっとしたコツ
↓↓
『初心者におすすめの出会い系サイト!コスパ良し安全に出会える』