妊婦さんに誘われて腹ボテセックスしてきた話【出会い系体験談】

出会い系体験談

みなさんこんばんは
意外と子供好きネットナンパ師Soyです。

 

みなさんは妊婦さんとセックスをしたことがあるだろうか。

俺はというと、ネットナンパ歴15年以上経験人数200人超えにも関わらず、1度もしたことは無かった。

 

 

まあ、そりゃそうだよな。

俺は若い子専門なので、出会い系でも24歳以下にしか自分からは話しかけないし、そもそも妊婦さんの時点でだいたい人妻だ。

過去には、妊娠中の人を出会い系で見かけたこともあったにはあったが、慰謝料のリスクを考えたら人妻に手をだそうと思わない。

 

 

だが、出会い系ではたまに、むこうから美味しい話が転がり込んでくることがある。

 

可愛い、レアな妊婦さん、リスクなし。

と奇跡の条件がそろってたら行くしかないよな。

コスプレイヤーからの熱烈アタック

出会い系は、基本的に男から女にアプローチするものだ。

だが、女から男にアプローチするどころか、ホテルまで誘ってくるようなラッキーオフパコが年に1~3回くらいはある。

今回知り合ったRちゃんもそんなラッキーオフパコタイプだった。

 

 

出会いのきっかけは、出会い系内の掲示板。

俺は、出会い系の掲示板に投稿をし、リアクションをくれた相手とやり取りをするという待ちの作戦をよく使う。

まあ、詳しいやり方は、下の関連記事に書いてあるので省くが、時間効率とコスパに優れた作戦だ。

 

それで、オタク系の投稿をした時に食いついてきたのがRちゃんだった。

 

だが、Rちゃんの年齢を見てみると32歳。

18~24の女性を狙うことの多い俺からしたらストライクゾーンを外れすぎている。

 

 

だけど、同じコンテンツを好きな人を見つけた嬉しさもあるのだろう。

めちゃくちゃ会話を盛り上げようとしてくれるし積極的。

 

そして、プロフィール写真を見てみると可愛い。

可愛いと言っても、どの写真もガンガン加工しているのが分かる写真だったが、それでも不細工ではないはず…。

 

谷間の写っている写真も多くかなりの巨乳そう。

さらに、趣味はコスプレでイベントまで参加して本格的にやっているっぽい。

 

これはコスエッチができるのでは?

 

以前、28歳の子に会ってみたら、めちゃくちゃ良かったということもある。

この話ね↓

北海道に大遠征!美人で巨乳な28歳【出会い系体験談】
みなさんこんばんは 北海道遠征で一番美味しかったのは信玄の味噌ラーメン!ネットナンパ師Soyです。 このブログで何度も話しているが、遠征は慎重でなくてはならない。 慎重に慎重を重ねなければならない。 時間とお金をかけて会いに行ったのに、 写真交換をサボっていたツケでクリーチャーとお泊まりするハメになったり。 性格に難アリと分かっているのに会う...

 

幅を広げてみようと、会ってみることにした。

妊娠中であることが発覚

会う前に写真をいくつか交換したが、胸を強調した写真が多い彼女。

 

こういうのは、ちゃんと触れておいた方が話がうまく転がることが多い。

「おっぱい大きいね!触ってみたい。」と触れてみると、案の定「触ってみます?」の流れから、セックス確約で会えることとなった。

 

 

だが、ここで衝撃の事実が判明する。

 

俺「セックスどれくらいしてないの?」

 

Rちゃん「半年くらいかな??」

 

俺「けっこう長い間してないんだね。」

 

Rちゃん「いま、妊娠してるのね。したいと思わなかった。」

 

 

ええっ!?

 

妊娠!?

 

妊娠中ということは結婚しているのか!?

人妻だとしたら、いくらオフパコの約束をしていても話を流すしかない。

 

リスクは判例を交え詳しく解説している

出会い系で気をつけたい、1回限りの不倫なら不貞行為にあたらない?
みなさんこんばんは ネットナンパ師Soyです。 出会い系サイト・アプリで異性交遊を楽しむにおいて、気をつけておきたい事のひとつに不倫のリスクがある。 みなさんも、出会い系アプリをやっていると、プロフールに既婚者と書いている人もよく見かけると思う。 プロフィールには書いていなくても、交流を深めるうちに既婚者と判明する場合もある。 中には、「ずっと秘密にされて...

 

 

俺「妊娠中!?結婚してるの?」

 

Rちゃん「結婚はしてないのー。でも、子供は欲しくて執事さんと作ったの。」

 

 

!?!?

 

 

俺「えっ執事さん!?」

 

Rちゃん「身の回りのお世話を頼んでる人がいてー。」

 

俺「執事さんとは籍は入れてないんだ?」

 

Rちゃん「うん。結婚してないよ。」

 

法的なリスクは無さそうだ…。

 

 

しかし、妊娠中にセックスしてもいいのか!?

 

そう思った俺は、結婚して子供もいる友達に相談してみる。

 

俺「妊娠中のセックスって平気なん?」

 

友「安定期にはいってれば平気平気!」

 

俺「そうかー。でも、気をつけなきゃいけなこととか多そうだな。」

 

友「いや、ほとんど普段と変わらんぞ。それより、妊娠中という特別な状況だけでビンビンよ。」

 

友「出産後の授乳手コキも最高だぞ。」

 

 

俺は腹ボテセックスしてみたいなんて思ったことはない。

だが、友人の妊娠中という特別な状況だけでビンビンよ。という言葉が妙に頭にこびりつく。

 

それに、40代になっても未婚で遊び人をしている俺は結婚できるかもわからんしな。

最初で最後。

千載一遇のチャンスと言えるかもしれん。

 

期待と不安が入り混じりつつも、彼女に会いに行くことにした。

やはり現実は現実。インスタの世界は虚構

待ち合わせは、彼女の家の最寄り駅。

 

写真の中のRちゃんは、本当に30代か!?と思えるくらい若かった。

顔も目が大きく整っていて可愛い。

量産型の綺麗な顔をしていた。

インスタで、肉が乗った皿や、ブランドのショッパーを顔の横に持った写真を載せてそうな感じ。w

 

 

果たして、どんな人が来るのだろうか…。

自分の服装を伝え、待ち合わせ場所に待機する。

この瞬間はいつも緊張するな。

 

 

しばらくすると、背の低いツインテールの女性が話しかけてきた。

Rちゃんだ。

マスクをしているので顔は分からないが、服装の特徴は一致している。

髪型はツインテだけど、目元を見た感じは年相応か。

 

彼女は駅から徒歩5分の場所に半同棲の執事さん(彼氏)と住んでいる。

今日は執事さんがこない日ということで彼女の家にむかった。

 

 

しかし、妊婦さんって大変だな。

彼女の家に向かう途中に、ダースベイダーの呼吸音みたいに彼女の鼻息が鳴り響く。

そんな身重の状態で迎えに来てくれた優しさに感謝だわ。

 

 

彼女の家に到着。

マスクを外し手洗いうがいをする。

 

彼女もコートを脱ぎ、マスクをはずす。

妊娠6ヶ月とのことだが、コートを脱ぐとお腹がふっくらしているのが分かる。

 

 

顔はブサメンの俺が評するのもなんだが、中の中くらいのルックス。

ロリータ系のワンピースを着た丸顔でツインテールの30代女性といった感じ。

AAのやる夫に似ていた。

 

年相応の可愛さはあるのだが、はっきりいって写真の面影はない別人だな。

 

フィルターと加工ってあらためてすげー。

見つめ続ける女

彼女の部屋を見渡してみる。

ベッドは天蓋付きで全体的に白とピンクの可愛らしい部屋。

テレビの前にはドールが並んでいる。

 

 

やりとりの段階で感じていたのだが、彼女は気の回る優しい性格だ。

俺のコートをハンガーにかけ、紅茶を入れてくれた。

 

俺もお土産にエッグタルトを買ってきていたので、お茶会をすることに。

 

 

お茶会中は、ずーーーーと俺のことを見つめてくる彼女。

 

Rちゃん「ふふふ…。」

 

なんか、緊張するんだが。

 

 

俺「何?」

 

Rちゃん「えーー?何って?えへへへ。」

 

かまわず、少し上目遣いで微笑みながら見つめ続けてくる。

 

なにか、身にしみついたテクニック的なものを感じる。

 

(この子。過去に水商売か何かやってただろ。)

 

 

はじめは見つめ返していた俺だが、目線をまったく外さない彼女にプレッシャー負けした。

間が持たねえ。

 

目線を彼女の胸におとし、見つめ合わないようにする。

 

すると、「……おっぱい。触ってみる??」という彼女。

 

そういう意味で目線を胸にもっていったわけではないのだが、触るつもりだったしな。

 

俺「うん。触っていいの?」

 

Rちゃん「いいよ。」

 

といいながら、ワンピースを脱ぎだす彼女。

 

 

ブラもはずし、パンツだけの姿になる。

 

うおお!お腹すごいな!パンパンだ。

 

出産まであと4ヵ月はあると思うが、6ヵ月でもかなり大きいことを知る。

いや、お腹に気をとらわれすぎたが胸も大きい。

たしかFカップって言ってたような。

 

 

Rちゃん「触っていいよ?えへへ。」

 

腕をすぼめるように両腕で胸を挟み込み、胸を強調する彼女。

そして、上目遣い気味に俺を見つめてくる。

自分の武器をわかっているというか、やはり身についたテクニックを感じる。笑

 

胸に手を伸ばす俺。

 

触った感触はというと、思っていたより固かった。

弾力が強くゴムボールを触っている感じ。

経験則だが、Fカップ・Gカップくらいまでいくと固い子が多いよな。(だいたい太り気味。)

 

 

それでも、おっぱいは素晴らしい。

フェザータッチで表面を撫でるように触る。

 

乳首を何度も転がすと、俺を見つめる彼女の表情がせつなそうに変化し、「あ…ほわああっ」と声を漏らす。

彼女の後ろに回り込み、後ろから胸をせめると彼女の喘ぎ声がもっと大きくなる。

 

Rちゃん「ほわぁ…ほわぁん…ほあっっ!!」

 

会う前に、「喘ぎ声がアニメ声だけどいい?」と言われていたが、まじでアニメ声だな。

 

明かりもついていない昼下がりのお姫様みたいな部屋で、あまい喘ぎ声が響き渡った。

お姫様セックス

乳首をビンビンにし感じるRちゃん。

 

「ねえねえ。そろそろベッドに行こ?」

と、ベッドに俺を誘導する。

 

もう挿れてほしいのか、起き上がっているのがつらいのか。

天蓋のついたベッドに二人で入る。

 

Rちゃん「はやく挿れて欲しいな。」

 

俺「もういいの?」

 

Rちゃん「もうすごく濡れてるの…。」

 

俺「妊娠中はエッチしたくならないって言ってなかった?」

 

Rちゃん「いまはすごくしたい…。」

 

Rちゃん「楽しみ過ぎて会う前に1人でしちゃった。」

 

そういう彼女のパンツに触ってみると、ふとももに滴るくらいまでアソコが濡れていた。

 

 

パンツを脱がす。

薄暗い部屋だったが、あそこの穴が早く挿れてと言わんばかりに、ぽっかり広がって見えた。

 

Rちゃん「お願い…挿れて?」

 

と、甘い声でささやく彼女。

が、まだふにゃふにゃの俺。

今日はまだ1回も大きくなっていない。

 

 

俺「じゃあ、大きくして?」

 

と彼女の手を持って手コキさせようとした。

 

すると、ニコニコしながら起き上がり俺の息子をパクっとくわえる彼女。

 

口の中で亀頭を舌でなめ回され、みるみるうちに息子は大きくなる。

大きくなると、彼女はたっぷりの唾液でじゅぽじゅぽといやらしい音を立てながら首を前後。

その間、上目遣いで俺の顔をじっと見つめ続ける。

 

うますぎない!?

やはり身にしみついたテクニックを感じる!w

 

 

ビンビンになった俺はいよいよ挿入へ。

会うまでバイブが入っていたという彼女のアソコ。

あてがうだけで、するっと奥まで息子を吸い込んだ。

 

Rちゃん「ほわあぁ…あ!」

 

赤ちゃんごめんよ!ちょっと揺れるけど我慢してくれよ。

 

妊娠中はスローセックスがいいらしい。

ゆっくりピストンを開始する。

 

 

Rちゃん「あっ…ちょ…あんっ!すごっ!まって!あっアっ!あんっ」

 

近所迷惑じゃないかと思うほど喘ぎだすRちゃん。

 

 

正直なところ、お腹がおおきいので上に覆いかぶされずピストンがしづらい。

だが、ぬるぬるで気持ちいいし、彼女の喘ぎ声がすごいのでやる気もわく。

 

ゆっくりのピストンだが、繰り返しているとどんどん彼女の声が大きくなる。

 

 

Rちゃん「きもちいぃ…!きもちぃっ…!きもちいっよぅ!」

 

 

Rちゃん「しゅご…しゅご…!しゅごいいいぃぃ。」

 

 

Rちゃん「ひぎぃぃぃ!きもちいいよぅ!!」

 

 

エロゲーかよ!と突っ込みたくなったが、コアな女オタクは、エロゲーみたいな隠語連発する子けっこういるよな。

 

Rちゃん「ひいぃぃぃい゛い゛い゛……ぃ!!」

 

喘ぎすぎて、声がかすれて裏返っている。

そして、あそこをギュッと締め付け、ビクビクっと軽く痙攣しはじめた。

 

軽くイッたか?

俺もヒートアップしてピストンしたくなったが、はげしくつけないし、姿勢もきついのでもどかしい。

 

次第に、彼女もお腹を気にするような素振りをし始めてしまった。

そろそろ終わりにした方がいいな。

 

俺「もうイクよ?」

 

Rちゃん「うんいいよぅ。」

 

あまり奥をつかないように、入口で細かく亀頭だけを刺激しフィニッシュ。

 

妊娠中にセックスという生殖行動としては完全に無駄な行為。

姿勢がきつく疲れたが、妙な達成感はあった。

全部飲んじゃう彼女

セックス後、ゴムをとる俺。(妊娠中だけど一応していた。)

 

立ってゴムを結んでいると、彼女がパクっと俺の息子を咥えだした。

 

Rちゃん「管の中まで全部ちょうだい?」

 

上目遣いで吸い取るように、俺の息子を舐めだす。

 

まさかの、お掃除フェラかよ…!

 

やはり身についたテクニックを感じる!

 

 

と思ったのでした。笑

 

その後は、夕方まで添い寝し帰宅。

赤ちゃんが動いていないかお腹を触らせてもらったが、まったく分からなかった。

 

ちなみに、彼女の経歴をきいたら、メイドカフェやエロ同人の店で働いていたらしい。

どおりで。

妊婦さんとのセックスはまたやりたいか?

妊娠中という特別な状況だけでビンビンよ。

その言葉をきいて臨んだ腹ボテセックス。

 

 

正直なところ、姿勢はきつくて疲れるし、思うようにピストンできなくて気持ち良さはイマイチだった。

腹ボテ姿も俺にはささらなかったしな。

Rちゃんの喘ぎ声がよかったから最後までイケたけど、そうじゃなかったら勃起をキープできなかったと思うわ。

 

もう、自分からは積極的にやりたいとは思わない。

でも、妙な背徳感と達成感があったのは確か。

せっかく男に産まれたからには、いろんな女を抱かないとな。

 

 

今度、母乳を飲ませてもらう約束をしたから楽しみだ。

以上、Soyでした。

よかったらほかの話も読んでいってくれよな!

おすすめの出会い系サイト

1番おすすめはPCMAXだ。
運営20年以上、会員登録数1700万人以上の最大手のマッチングサイトなので、知っている人も多いと思う。
アクティブユーザーも1日60万人いるので、簡単に出会いやすい。
俺もメインの出会い系として、長年愛用している。
女性は完全無料。
男性は、登録無料、月額費不要で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
登録は、アプリ版よりポイントが安くキャンペーンがあるPCMAXweb版(R18)がいい。登録から2日間以内なら購入ポイントが増えるキャンペーンもやっているので、この期間にポイントをまとめ買いしておくとお得。
次点でハッピーメール(18禁)もおすすめ。

おすすめの出会い系サイトまとめ&ちょっとしたコツ
↓↓
『初心者におすすめの出会い系サイト!コスパ良し安全に出会える』

タイトルとURLをコピーしました