お兄ちゃんと呼ばないで【出会い系体験談】

出会い系体験談

みなさんこんびんびん

実はひとりっ子、ネットナンパ師Soyだ。

 

みんなは兄弟っているか?

俺は兄弟がいないからよく分からないが、異性の兄弟であってもエロい目で見ることはありえないらしいな。

本能がそうさせるんだろうか。

でも、血が繋がっておらず、面識もない妹であればどうだろう?w

 

妹との出会い

3年くらい前、出会い系で知り合った女の子の話。

その女の子は顔写メを一切載せておらず、プロフィールには「小説を書くのが趣味です。お兄ちゃんが欲しい。」と書いてあった。

 

写メ載せてないってことは競争率が低いな。

サクッとラインで写メ交換の話して応じなければ切ればいいか…。

「小説書けるなんてすごいね。俺が君のお兄ちゃんになるよ。」
と気軽にメッセージを送ってみた。

 

返事はすぐに返ってきてラインへ移行。

写メ交換も問題なくする事が出来た。

写メの中の、まだ会ったことのない俺の妹は、素材は悪くないけど見た目にあまり気を使ってない感じの子だった。

細身で目はクリクリしてるけど、眉毛はまったく手入れしてない感じ。

 

 

でも、お兄ちゃん全然いけちゃうよ。

 

兄「なんで、出会い系サイトに写メ載っけてなかったの?」

と聞いてみたら

妹「写メの載せ方が難しくてわからなかった…。」

との事。

 

そんな難しいことなんてないけど、載せたくなかったのかもな。

と思いながらラインを続行。

 

妹はすぐ俺に懐き、「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と食べたものから見たテレビまで毎日こまかく近況報告をしてくるようになった。

マイシスターは少し天然なのかな…?

不思議な子だが、懐かれると悪い気はしない。

俺はこまめにラインを返し、親睦を深めていった。

 

妹と初対面

そして、いよいよ妹と会うことに。

場所は、お互いの住む家の近くの繁華街。

カラオケ、マンガ喫茶、ラブホテルと密集し行くところに困らない場所だ。

 

妹は、小説以外にも漫画が好きということで2人でマンガ喫茶に行こうって流れになった。

マンガ喫茶でイチャついてからラブホテルに行くという黄金パターンである。

 

 

待ち合わせ場所で待っていると妹から到着したとの連絡。

血の繋がっていない兄と妹。

いよいよ感動の対面である。

 

合流したマイシスターは、
デニムスカートに、シャツにトレーナーを着た姿。

19歳のわりには服装にこだわりのない感じだったが、写メと比べると頑張って精一杯のおしゃれをしてきてくれたみたいで、お兄ちゃん嬉しいぞ。w

 

顔はノーメイク。

 

というか泣いてる!?

 

なんで涙目なの!?

 

俺、会って早々、泣かせるような事しちゃったかな?

 

俺が不細工だからか?

 

なんで、我が妹は泣いているんだ!?

 

 

 

会って早々泣き出すとは思わなかったよ。
マイシスター。

人だらけの駅前。

はたから見たら痴話喧嘩か何かに見えるのだろうか。

俺がオロオロしていると、
「違うの。お兄ちゃんに会えて嬉しい。」と抱きついて来た。

 

意味がわからん。

 

このシーン、兄妹の「感動の再会」のようにみえるが、俺には「動揺の初対面」である。

ひとまず、駅前でコントをしている訳にもいかないので、漫画喫茶に移動するようにうながした。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

妹と漫画喫茶へ

マンガ喫茶につき、少し休憩する。

妹も落ち着いたみたいで、泣きやみニコニコしていた。

俺も一安心して、妹の頭をポンポンとなでる。

 

すると、

 

「ヒャッ…」

 

妹が、エロい声を出した。

 

俺はまだそういうことをするつもりではなく頭を撫でただけである。

 

ビックリさせただけかな?と思い俺はもう一回撫でてみることにした。

サラサラと手櫛で髪を撫でる。

 

「あッ…ヒャッ…」

 

くすぐったいのかも?
でも、逃げる様子はまったくないし…。

 

俺は、妹の肩から背中を撫でてみる。

 

「ンッ…アッ…ヒャああ…」

 

明らかに感じているようなエロい声である。

 

というか、マンガ喫茶で大きい声出さないで欲しい。

 

 

俺は妹の肩に手を回し、抱き寄せて
耳元で「くすぐったい?声我慢できないの?」と聞いてみた。

 

妹「お兄ちゃん触られると変な気分になって勝手に声が出ちゃう…。」

 

そんなことありうるのだろうか。

など考えながら抱き寄せた妹の、髪や、肩、背中をまた撫でてみる。

 

その度に妹は「あッ…」「ひゃ…ン」など声をあげていた。

 

静かに出来そうもないので、
「自由に声出せるところいこっか?」と言うと、
妹は少し戸惑った顔をして「お兄ちゃんに着いてく…」と答えたので、マンガ喫茶を出てラブホに行くことにした。

 

妹とラブホテルへ

ラブホに着くと、シャワーも浴びずベッドに押し倒し、床ドン?みたいな姿勢で妹の耳や頬を撫でる。

妹は、少し触れるだけで、色気のある吐息を漏らしていた。

 

そのままキスをしてみると、妹の唇はカサカサな上に唇を閉ざしているので、キスは早々に体を味わうことに。

 

妹の上着の下から手を入れる。

お腹の上を手がすべるだけで、妹は喘いでいた。

 

 

そして、胸に手が伸びると

なんと妹はノーブラだった。

 

驚いてブラをしてないのか聞いてみたら、普段からブラトップのみでブラをつけたことがないらしい。

そんな子もいるんだね。

 

下から服をたくし上げると、綺麗なお椀型の胸があらわになった。

色素の薄い乳首。

胸に細い産毛が少し生えているのもなんだかエロい。

 

妹は着こんでいて、たくし上げた状態は苦しそうだったので1枚ずつ脱がしてあげ、上半身裸に。

裸になった妹は恥ずかしがって手で隠していたが、手をとってじっくり見させてもらった。

 

服を脱ぎ邪魔するものがなくなった妹の身体。

抱きしめて背中や胸を滑るように撫でる。

それだけで、妹は俺にしがみつきながらひゃんひゃんと喘いでいた。

 

こんなに感じやすい子は乳首を舐めたらどうなっちゃうんだろう…。

俺は、妹の胸に顔を近づける。

妹は吐息が胸にかかるだけで、声を上げ、しゃぶりつくと一層可愛い声で喘いでいた。

 

そして、いよいよ妹の下半身へ。

スカートのボタンを丁寧に外し脱がせてあげる。

パンツはスーパーで売ってそうな薄灰色の綿のパンツを履いていた。

股間部分は、染みて濃いグレーに変わってたけどね。

 

可愛いパンツじゃなかったので、パンツもすぐに脱がす。

両膝を持って足を広げると、妹のアソコは濡れてキラキラに光っていた。

手でアソコを隠そうとするので、「お兄ちゃんの言うことは聞かなきゃダメだろ。」というと素直に従って手をどかした。

 

俺は妹のアソコ観察。

ビラビラが小さく全体的に色素沈着がないマンコだ。

クリは小さめだな。

つまんだり、ひっぱったりしていると、妹は顔を両手で押さえて吐息を漏らしていた。

 

クリの下の方に穴があったので、人差し指をいれ中を調べる。

中は全体的にザラザラ感は少なく、すべすべしていた。

2本と指を増やしてもスルリと入ったので、そのまま中をかき混ぜてみる。

 

すると、妹の「あッ…アッ」という喘ぎ声がハッキリした大きい声になり部屋に響いた。

声を出していいラブホに移動して本当によかったw

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

妹の中へ

中もしっかりほぐれていたので、挿入。

 

「ひゃあ…っ」

 

入れた瞬間妹の声もひときわ大きくなる。

 

妹は俺にしがみついてきたので、そのまま正常位でピストン。

耳元でひびく喘ぎ声が少しうるさいw

 

妹の中は、ツルンとしていて他の女の子とは違った気持ち良さがあった。

そのまま抱き合いながら激しくピストン。

妹も下から腰を合わせて振ってくる。

 

経験則だが本気で感じてる女は息が少し臭くなる。(俺はこの臭い嫌いじゃないw)

妹の喘ぎ声もヒートアップし、少しくさい臭いもしてきたので、妹の顔を見てみたら涙を流しながら喘いでいた。

 

またもや、ビックリして
「なんで…泣いてるの!?」
と聞くと、

「気持ちよすぎてっ、勝手にっ涙がっあっあっ」と腰を振りながら答えてくれた。

 

(面倒くさい子だな)

と思いつつも、

勝手に涙が出ちゃう子なのかもな。

俺もイクと勝手に精子出ちゃうし。w

と、あまり深く考えないことにした。

 

 

そして、バック、騎乗位と堪能して最後は正常位に戻してフィニッシュ。

俺が腰を振るのを休めると、自分から激しく腰を振り出す子で最高だった。

 

妹と解散

そして、帰り道。

 

平日だったこともあり電車の中は満員。

ふたりでくっつくように乗っていると妹が喋り出した。

「おにいちゃんの家はどこにあるの?」

ちょwwwそれおかしいだろw

満員電車でその発言はやめてくれよ。

 

が、妹は止まらず

「お兄ちゃんの誕生日はいつなの?」

「お兄ちゃんはなんの仕事してるの?」

と質問攻め。

はやく、駅に着いてくれ。

そう強く願う俺であった。

 

 

この妹ちゃん、帰りに自ら「セフレにして欲しい」と言ってきたので了承し何回か会ってセックスしたんだが、
なぜか付き合っていることになっていたり、1日200回くらいラインがくるようになったので俺は逃げるようにフェードアウト。

この時の話も少し面白いので今度できたらと思う。

 

以上、電車の中でお兄ちゃんと呼ばないで欲しいという話。

 

Soyでした。

よかったら、ほかの記事も読んで行ってくれよな。

 

この子との、その後の話↓

【出会い系失敗談】エッチな妹は心の応援団
みなさんこんばんは! 頑張れと言われると頑張りたくなくなるネットナンパ師Soyです。 以前、出会い系で血の繋がりのない妹ができた事があった。 その子は、髪に触れるだけで喘いだり、いきなり泣き出したりと変わった子だった。 初デートの時にラブホに行き、 その子の申し出でセフレとなったのだが…… 今回の出会い系体験談は、「お兄ちゃんと呼ばないで...

 

おすすめの出会い系サイト

俺の1番おすすめはPCMAX(R18)だ。
出会い系の最大手だから、すでに登録している人も多いかもな。会員数が多く出会えるので、俺も長年メインで使っている。
登録無料で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
上の紹介リンクから登録すると、新規登録無料ポイントと年齢認証ポイントが20→30ポイントに増えるキャンペーン中だ。