【出会い系失敗談】処女ビッチには気をつけろ!怪奇!蜃気楼女

ウルルン失敗談

みなさんこんばんは!

いつかイースター島に行ってみたいネットナンパ師Soyだ。

 

世の中には、矛盾している言葉があふれている。

「何度も禁煙に成功してる」

「アラフォー女子」

「処女ビッチ」

 

処女だけどビッチってなんだよ。

と思うかもしれないが、実際いる困った存在なのだ。

 

今回は教訓もかねて出会い系で失敗した体験談を話したいと思う。

出会い系で知り合ったビッチな処女

昔、出会い系で知り合った大学生の女の子と遊んだ話。

その子の名前は、モア子としよう。

メールの段階からモア子はエロに積極的だった。

頼んでもいないのに自分からエロ写メを送って来るし、
バイト帰りに、その日一緒にシフトに入ったバイト仲間をフェラしているといった武勇伝まで話してくる。

しかも、自主的にパイパンにまでしてるんだってさ。

でも不思議なことに、話を聞く限りではビッチなのだが、いまだに処女とのこと。

『ビッチだけど処女』

こういう子たまにいるのだが、会っても最後までやれる率が低い。

 

しばらくやり取りをしていると、モア子から「明日暇だからラブホ行かない?」と誘ってきた。

俺もその日は予定がなかったんだが、最後までやれないなら意味は無い。

Soy「必ず最後までするんならいいぞ。」

モア子「いいよー」

Soy「ほんとに最後までするからな?」

モア子「はいよー」

うーん。

本当に最後までやらせてくれるのか嘘くさい。

 

それに、この子、スタイルは最高なんだが、顔が世界遺産っぽいんだよね…。

まぁ、フェラは得意だって言ってたし、フェラだけでもいいか…。

俺は渋々ホテルに行くことを了承。

 

 

渋谷で初デート

待ち合わせ場所は、渋谷のモヤイ像に決定。

俺の遊び心だ。理由は秘密。

 

待ち合わせ場所のモヤイ像前に行くと、モア子がいた!

モヤイ像とモア子を見間違えたわけではない。

ちゃんと、モア子がそこにいた。

よしっ!生でみると、モア子ほんの少しだけ可愛いぞ。

 

ビッチ処女とラブホテルへ

特にお茶したり、手繋いでブラブラするでもなくラブホに直行。

ラブホに着いて抱きしめてみる。

やっぱ女の子は小さくて可愛いなぁ。

モア子いい匂いするし。

Soy「必ず最後までするからね。」

と念を押して言ったら

モア子「もー分かってるよ。」

と軽くペシッとされた。

しつこかったかw

 

 

その後2人でシャワーを浴びる。

やっぱ写メで見たとおり、モア子は細身なのに巨乳でスタイルいいなぁ。

と思いながら、モア子の身体を洗ってあげる。

これは、この後が楽しみだ。

シャワーを浴びたあと、もう一回服を着てもらう。

俺は、服がはだける感じと、服を脱がす行為が大好きなのだ。

モア子結構おしゃれだしね。

 

モア子を立たせ、抱きしめ合いながらまさぐるようにお尻や太ももを触る。

そのまま熱いキス。

キスをしながらモア子のアソコも愛撫。

愛撫をしていると、モア子が立っているのが辛そうになってきたので、ベッドに移動。

ベッドにモア子を寝かせ、ブラウスのボタンをとり、ブラを露わにさせる。

俺はこのはだけてる感じがとても好き。w

ブラも外し、胸も露わに。

やっぱり、モア子の身体は最高にいいわ。

ベッドの上でも愛撫を楽しんでいると、モア子が自称フェラの名手だったことを思い出す。

 

Soy「ねー。フェラしてよ。」

というと、モア子は
にやーっと笑って「まかせて!」と
自信がある感じ。w

 

 

パクッとくわえるモア子。

あっ

これは

 

普通?

 

モア子さん自信満々のフェラ普通です。

しかも、アゴが疲れたと1分もせずにやめてしまった。

くそう。

 

処女の泉は幻の泉

 

不完全燃焼なので、「そろそろ入れるよ?」と促す。

さっきじっくり愛撫したし、入るでしょ。

モア子もいいよーと股を広げた。

よしっ!最後までするって言ってたのは本当だったんだ。

 

俺のムスコ探検隊。

未開の世界遺産を調査しに突入であります!