ロシア人ハーフとセックスした話【出会い系体験談】

出会い系体験談

みなさんこんびんびん
日本のラスプーチン、ネットナンパ師Soyだ。

って、「ラスプーチン ちんこ」でググッたら太過ぎて吹いたw

俺はミニプーチンくらいだねw

 

話は変わるが、大体の女の子って受け身だよな。

従順でMっ気があるというか…。

ラインではエロい話に積極的だけど会うと普通の子で、いいなり系の子が多い。

俺が経験の浅い20代前半くらいの女の子がターゲットだからっていうのもあるのかもな。

そういう子、耳年間な感じでかわいいよな。

 

でも、たまには笑顔でちんぽに頬ずりするぐらいの子とセックスしたいんだよ!俺は!w

と願っていたら、この前、ひさびさに積極的な子に当たったからレポートしたいと思う。

ネットナンパで知り合ったRちゃんの地元でデート

先月の話、平日休みをとって出会い系で知り合った子と遊んできた。

相手はコンビニバイトの女の子Rちゃん。

身長が170cmくらいあって手足も長い女の子。

髪型はボブ、モモンガみたいなニットにタイトなGパン、もこもこしたベレー帽?みたいなものを被ったお洒落な子だった。

 

場所はRちゃんが住む街の駅前で待ち合わせ。

ラインでエロジャブはたっぷり撃ってあるのでヤレるだろう。

カラオケからホテルへ流れるいつものパターンでいくつもりだ。

もうRちゃんのテリトリーなのでRちゃんの案内でカラオケに向かう。

 

俺は出会い系では、相手の住むエリアに出向く事が多いのだが、色々な街を案内してもらえてなかなか面白い。(ホテルの下調べはしておく)

 

Rちゃん「このカラオケいいんだよ。」

 

俺(何がいいんだろう?)

 

と思いながらカラオケに向かう。

会員カードを持ってるRちゃんに受け付けをまかせてあとは部屋へ。

 

部屋に入ると
「このカラオケいいんだよ。」の意味がわかった。

カメラが無く覗き窓が高い位置についてるだけなんだ。(カラオケでいけないことをしてはいけませんよ!)

 

Rちゃんは部屋に入ってすぐ鏡を出してつけまつげを直したりしていたが、

「会ったばかりだし歌うより話ししたいな。」

と言うと、Rちゃんはぴったりと密着して横に座ってきた。

 

Rちゃんの指が白くて細くて綺麗だったので、「手タレみたいだね。」と褒めながら、手を触ったり握ったりしてると、母親がロシア人だからかも?とのこと。

 

この子ハーフだったのか。

 

そう言われるとハーフっぽい顔立ちのようなそうでもないようなw

ひとまず、肌は白くて綺麗だった。

 

「目の色はどうなの?」なんて話しながら、手や頬を撫でていると、Rちゃんが俺の太腿に手を乗っけてきた。

 

 

そして、「いいことしてあげる。」

 

 

なんて、言いながら俺のベルトをカチャカチャ外し始めた。

 

いいことって一体なんなんだ!

 

 

そんなところ、開けても開けても俺のマトリョーシカが飛び出してくるだけだぜ!

error:Content is protected !!