【出会い系失敗談】歳をサバ読んでいてバレた話

ウルルン失敗談

みなさんこんばんは

鯖料理は鯖味噌が好きネットナンパ師Soyだ。

 

最近暑い日が続くな。

連日35℃以上って、俺が子供の頃は考えられなかった気温だと思うのだが。

ふと、ベタつく汗に、むかし出会い系サイトで、年齢の鯖を読んでいてバレた時のことを思い出したので話していきたいと思う。

 

出会い系アプリで年齢はサバを読むべきか

みんなは出会い系サイトやマッチングアプリに登録する時の年齢ってどうしてる?

非公開に出来るアプリならいいけど、年齢必須なアプリもあるよな。

俺は30代前半の時に年齢登録にすごく迷っていた。

少しサバを読めば、20代としてイケるからだ。

対象年齢を20代までで募集している女の子は結構多いんだよね。

だが、「嘘をつくのもな。」と悩んでいた。

 

 

そんな33歳の夏、普段は実年齢のまま登録しているんだけど、ある時、好みの女の子が20代の男性を募集しているのを見つけた。

 

この子と出会いたいなー。

俺、若づくりだしいけるだろ。

と、4歳ほどサバを読んで出会い系を登録し直したのです。

 

出会いまでこぎつける

その子の名前は、Yちゃん。

実家住まいのニートで、目が大きく彫りの深いハーフ顔の女の子。

どことなく川島海荷さんに似ている。

 

相手が某テーマパークでの写真をプロフィールに載せていたので、「いいなー。最近行ったの?」なんて話しかけて、無事にメールアドレスの交換まで済ませる事ができた。

 

だが、短文女子。
(話が広がらない女)

 

俺「◯◯で好きなアトラクションなに?」

Yちゃん「色々。」

 

俺「◯◯に住んでるなんて家近いね。◯◯◯で遊んだりする?」

Yちゃん「いかない。」

 

何を話しかけても、問いかけの答えを一単語で返してくるだけ。

これでは話が広がらない。

こういう、短文女子はよくいるのだが、この手に遭遇したときは、俺はダメ元ですぐ遊ぶ約束をするようにしている。

 

俺「今週、遊ばない?」

Yちゃん「いいよ。」

あっさりOK。

遊ぶ場所は、交通費がないのでYちゃんの家で遊ぶということになった。

 

 

こういう、淡白な返事しかしない女性。

切ってしまう人も多いとは思うが、短文女子はやり取りしてる相手が多かったり、単純にコミュニケーションが苦手なだけの場合もあるから、最後っ屁で遊びに誘うとうまく行く事も稀にあるぞ。

ほかの短文女子のエピソード↓

 

なんでも言うことを聞く女と古墳【出会い系体験談】
出会い系の体験談。出会い系には短文メッセージしか返さない女も多い。 だからといって、すぐに切ってしまうのは勿体無い。

 

炎天下の中Yちゃんの家へ

Yちゃんの家の最寄駅につき、メールの指示に従いYちゃんの家に向かう。

道は駅から遠く複雑だった。

だが、ニート女子は駅まで迎えに来てくれるという事はない。w

真夏の中、20分くらい彷徨い汗もダラダラたれてくる。

 

どうにかこうにか、これで合ってるのか不安に感じながらも、なんとか古い一軒家にたどり着いた。

聞いていた通り、茶色いトタンのような外壁の家だ。

 

きっとこの家だ。

「着いたよメール」をすると、玄関が開いた。

Yちゃんと初対面

玄関をあけた部屋着姿の女性。
(よれたTシャツに下はスウェット姿)

笑顔もなくブスッと「どうぞ。」と言われる。

 

確かに、写メと同一人物っぽいのだが…。

川島海荷さんには程遠く、ギョロ目のアンパンマンというか、ジェダイマスターというか…。

とにかく顔がパンパンマンである。

 

そうなんだよ。

彫りが深くて目が大きい女の子って、詐欺写メの盛り度がでかいんだよな…。

 

今回で言えば、10段階評価9の写メだが、リアルでは3だった感じ。

俺も盛ってるから人のこと言えないけどね。w

 

それでも、俺を家に招いてくれた女性だ。

ニコリともしないローテーションガールに続いて彼女の部屋に。

 

ヤリマンだった

彼女の部屋には、冷房が無かった。

20分炎天下の中歩いた後なので、汗が止まらない。

扇風機の前に陣取り、身体に溜まった熱を放出させてもらった。

 

 

扇風機を浴びながら、部屋を見回してみる。

 

ん!

 

よく見ると、枕元に電マとベネトンのゴムが置いてあるではないか。

 

なんて、準備がいいんだ。

 

俺「ゴム用意してるなんてヤル気マンマンじゃん。」

 

Yちゃん「違う。これは、いつも置いているだけ。」

 

俺「いつもって、そんなセックスする機会あるんだ。色んな男の人家に呼んでるの?」

 

Yちゃん「呼んでるけど……」

 

俺「Yちゃんエッチなんだね。…俺ともするぞ!」

 

Yちゃん「いいけど……」

 

話が早い!

ヤリマンだと知って火が着いた。

顔がパンパンマンでも、ネットナンパ師なら行かざるおえぬ時だろう。

 

逆境に負けない

引かぬ!媚びぬ!省みぬ!とは昔の偉人の言葉。

学習せずに地雷に突撃するネットナンパ師に贈られた言葉だ。

 

据え膳食わぬは男の恥。

毒を食らわば皿まで。

女性に恥をかかせないためにも、最後までやり遂げねばなるまい。

 

 

顔が可愛くなかった

目をつむれば問題なし!

 

 

脱がす

 

乳首が黒い

そして、たれパンダみたいなオッパイ

 

ぬいぐるみだと思えば可愛い!

 

 

喘ぎ声がデカイ

窓全開だが、俺の家じゃないからセーフ!

 

 

アソコが臭い

 

うおっ…

汗が染み込んで乾かないまま、数日間、使われ続けたボクシンググローブより臭い…

 

さすがに挫けそうになったが…

 

Yちゃん「細菌性膣炎なんだよね。病院毎週行ってるし性病じゃないから。」

 

正直だからヨシ!

 

俺は目をつむり、写メの中の可愛いYちゃんを思い浮かべることによってフィニッシュできた。

 

イッた後に、何故か点数をつけられ
「テクは普通だけど、チンコの形はかなり良かった。」との評価を頂く。

 

そして、手マン指導。

 

本人は寝転がってただけのくせに、いきなりの上から目線採点にビックリしたが、

 

勉強になったからヨシ!w

 

サバ読みを指摘される

真夏の冷房のない部屋でピストンを繰り返し疲れ切った俺。

汗だくでのまま扇風機に当たっているとYちゃんに言われる。

 

Yちゃん「ほんとうに29歳?」

 

Yちゃん「いまの顔、完全におっさん。」

 

俺「えっ。サバなんて読んでないぞ!」

 

と言ったが、経験豊富なYちゃんにはバレてたんだろうな。

 

サバを読んでいるみなさん。

イッた後の萎れた顔にはご注意を。笑

 

最後に

俺は、普段は実年齢より若くみられる事が多いのだが、意外とバレてるみたいだな。

そんな俺は、アラフォーになった今はサバを読むことは無くなった。

もう、4歳サバ読もうが、たいして変わらないおじさんになってしまったからな。w

年齢を包み隠さず、写メを沢山載せてそれでもいい人と会うようにしている。

 

サバを読むと、恋人に発展する場合はいつかは打ち明けなければならないし、一部のカラオケやネットルームなど、身分証がいる場所を避けなければならないしね。

 

 

以上、サバを読んで指摘された話。

Soyでした。

よかったら、ほかの話も読んで行ってくれよな!

おすすめの出会い系サイト

俺の1番おすすめはPCMAX(R18)だ。
出会い系の最大手だから、すでに登録している人も多いかもな。会員数が多く出会えるので、俺も長年メインで使っている。
登録無料で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
上の紹介リンクから登録すると、新規登録無料ポイントと年齢認証ポイントが20→30ポイントに増えるキャンペーン中だ。次点でハッピーメール(18禁)もおすすめ。

おすすめの出会い系サイトまとめ&ちょっとしたコツ
↓↓
『初心者におすすめの出会い系サイト!コスパ良し安全に出会える』