静岡遠征して女子大生のフェラ友ができた【出会い系体験談】

出会い系体験談

みなさんこんばんは。

イラマチオだかイマラチオだか未だに覚えられないネットナンパ師Soyだ。

 

お盆休みに久々に出会い系遠征してきたのだが、謎のフェラ友なるものが出来たのでレポートしたいと思う。

 

 

マッチングアプリでみつけた女子大生のみーちゃん

 

夏休み中はJDとアポイントが取りやすい季節だ。

いつも通り、片っ端から爆撃メッセージをしていると1人の女の子が引っかかった。

その子の名前は、みーちゃん。

プロフィールを見直してみると、彼氏持ちと書いてある。

 

よし!これは相手もヤリモクかも。
(出会い系のプロフィールに彼氏持ちと書いてある子は、話が早い事が多い。)

 

彼氏持ちということで、俺は早めにエロトークに持っていって探りを入れてみたが、ノリノリで返してくる。

 

 

よし!これはイケそうだ。

 

しかも、会うのもやぶさかではない感じ。

 

 

これは、この夏2人目の女子大生ゲットの予感だぜ。

1人目はこの子ね↓

夏休み中の巨乳JDとセックスしてきた【出会い系体験談】
出会い系の体験談。巨乳のJDと普通のデートからラブホまで誘導成功。 順序を踏めばお酒の力なんていらない。

 

だが、やり取りをしていて不穏な点が2点。

 

ひとつは、みーちゃんは東京住みで登録していたが、実は静岡住みだったということ。

 

そして、彼氏はいるが処女であるということだった。

 

苦悩するチンポ

 

処女ってドタキャン率高いんだよなー。

しかも、静岡まで遠征か…。

俺は遠征すると痛い目を見ることが多いんだよ。笑

※遠征で痛い目にあった話の数々
<【出会い系失敗談】某県でモルボルに出会ったあ〜【写メ詐欺】>
<【出会い系失敗談】ネットナンパはじめて物語>

 

ポジティブ要因

・みーちゃんはエロい

・最初からプロフに彼氏持ちと明記

ネガティブ要因

・ドタキャン率が高い処女

・日帰り旅行ばりの長距離移動

 

 

遠征してヤレなかったらやだぞ。

俺の頭の中の天秤は、微妙なバランスを保ちながら小刻みに揺れている。

 

こんな時は…

 

直接聞く!w

 

 

Soy「正直、俺はみーちゃんとエッチしたいんだよね。遊ぶときホテル行こうよ。」

 

みーちゃん「わたし、彼氏いるから…でも、フェラだったらいいよ!」

 

 

 

おい!俺のチ◯チン!

 

おい!俺のチ◯チン!

 

行くのか

 

行かないのか

 

どっちなんだい!

 

 

 

 

 

行ーーーくっっ!!

 

 

静岡県三島市へ

 

まずはじめに、ビビった。

三島は俺の住むところから、東海道線を乗り継げばいけるはずである。

だが、券売機には三島までの料金ボタンがない。

路線図の案内板にも、熱海までしか書いていない。

 

(料金表、完全に見切れてるやんけ…本当に東海道で行けるのか??)

 

(待ち合わせに間に合うか自信無くなってきたぞ。)

 

遠征のために早起きした俺、早朝の駅で不安になる。w

 

だが、行かねばなるまい!

 

チ◯チンが指す方向につき進め!

 

ひとまず、1番高い切符を買うことにした。

無事について、この旅が良い旅になりますように!

 

みーちゃんは小麦色

 

遠征の出だしから不安だったが、スムーズに三島に着くことができた。

三島駅につくと、
すでに、みーちゃんが待っていてくれた。

 

みーちゃんは、写メでは白くて華奢に見える女の子だったが、
生のみーちゃんは、小麦色の肌で背が高い女の子だった。

 

出会い系あるあるだけど、肌の色と身長って写メだと分かりづらいよな。

でも、彼氏持ちだけあって、ぼちぼち可愛い。

服装は、デニムのショーパンに、オーバーサイズのTシャツの裾をインしたラフなスタイル。

肌の色と合わせて健康的だ。

 

ラブホに行こうという話だったが、三島にはラブホを見つけることが出来なかったので、みーちゃんオススメのカラオケに行くこととなった。

 

 

カラオケでセックスなるか

みーちゃんに連れられカラオケ屋に入店。

部屋は広かったが、席はソファーでは無く、公園にありそうな横長の木の椅子(背もたれなし)が置いてあるだけだった。

 

でも、ヤルには問題ないよね。

 

カラオケでは、特に曲を入れることは無く話そうという流れに。
(俺は出会い系でカラオケに行く時は、歌わず話すことが多い。)

 

広い部屋なのに、隅でぴったりくっつくように座る2人。

手を触り指をからめても嫌がるそぶりはなく、みーちゃんは楽しそうにしている。

 

これは踏み込めるな。

 

俺「後ろからハグしてみたかったんだよね。抱きしめていい?」

 

みーちゃん「えっ?いいよー。」

とクスクス笑いながらOKしてくれた。

 

妙な姿勢だが、木の長椅子に並んで馬乗りになるような形に座り直し、後ろからハグをする。

 

なんだか、シーソーに乗ってるみたいだ。w

 

 

後ろからハグをしながら、頬と頬をあわせるほど顔を近づけても逃げる様子もない。

 

耳をハムっと噛んだら、さすがに「ヒャー!」と言われたが、体は逃げていないのでだんだんエスカレートしていく。

 

太ももを撫でたり、お腹をさすったり。

 

そして、体をまさぐる流れで胸を揉む。

 

胸を触っても抵抗の様子はないので、顔を横に向かせキスしながら胸を触る。

 

 

やっぱ、事前にエロい事をする確約を取り付けとくのって大事だよな。

 

キスをしながらブラを外し、生のおっぱいを揉みしだいたが、彼女は俺の舌に舌を絡ませ続けるだけで、されるがままだった。

 

誰も登った事がない山へ登頂

長いことキスをしながら胸を揉んでいたが、おじさんオッパイが飲みたくなってきちゃった。w

 

彼女を長椅子に寝かせて、服をたくし上げる。

 

露わになった胸はCカップくらいで乳輪が小さめ。

 

彼女は小麦色の肌をしていたので色黒なのかと思ったが、元は色白なようでビキニ跡がくっきり残っていた。

 

俺「海行ったの?」

 

みーちゃん「最近、プール行った。」

 

俺「誰といったの?」

 

みーちゃん「彼氏…と友達。」

 

俺「そうなんだ。」

 

と生返事をしながら胸に吸い付く。

 

ラインでは、彼氏とはまだキスしかしたことが無いと言っていた。

 

何という征服感。

 

この美しい曲線を描く、山を最初に登頂するのが俺なのだ。

 

乳首の上に旗を立てて記念撮影をしたい気分だ。

 

この三島から見える富士山を最初に登った男はこんな気分であっただろう。w

 

 

胸にむしゃぶりつきながら、ショーパンの上から深い渓谷を擦ると、みーちゃんは小さく喘いでいた。

最後までヤレるんじゃね?

 

そろそろ、手マンをして挿入といこう。

と思い彼女のショーパンを脱がそうとした。

が、

 

「絶対ダメ!」

 

と、ショーパンを抑えられてしまった。

 

ラインで挿入は駄目って言ってたもんな。

警戒されてるわ…。

ここは、誠実に…誠実に

 

俺「……手で触るだけでごわす。」

 

 

みーちゃん「なにそれw………挿れるのはだめだよ?」

 

彼女も触られたい気持ちはあったのだろう。

あっさり手マンであればOKということになった。

 

 

このまま流れで最後まで行きたい。w

 

ショーパンを脱がし、彼女のパンツを見ると大きな染みができるくらい濡れていた。

指でつつくと、水を吸収したスポンジを触ってるみたいだ。

パンツを横にずらし指を挿れるとヌルッと吸い込まれる。

 

 

みーちゃんは処女だったので、痛がるかと思ったが、まったく痛がる素振りは無し。

2本目の指もスルッと吸い込まれた。

 

この子ラインでオナニーするっていってたけど、中オナしてるっぽいな。W

 

みーちゃんの膣をかき混ぜると、みーちゃんの喘ぎ声が大きくなった。

 

みーちゃんは、一生懸命に口元を押さえているが、全然声を抑えられてない。w

 

みーちゃんのアソコはピチャピチャ音を立て、最後は指3本でも余裕だった。

 

挿入を試みる

 

ここまで、トロトロに濡れてたら余裕で入るだろ。

ズボンのベルトを外そうとすると、

 

「挿れるのはだめ!」

 

と制止された。

 

「どうしても、みーちゃんとしたい。」

 

なんて口説いてみても無理。

 

伝家の宝刀「先っちょだけだから!」も通用せず。w

 

切れ味の悪い伝家の宝刀だ…。

うまくいったパターン↓
<先っちょだけだからと言ってみた話>

 

最後は、椅子から転がるように机の下に逃げられてしまった。

 

くそー…あのトロトロに挿れたら絶対気持ちいいのに。

 

 

俺「じゃあ、フェラで俺も気持ちよくしてよ。」

 

みーちゃん「…それならいいよ。」

 

 

事前に約束してて、よかった!!笑

 

 

初めてのフェラチオ

 

みーちゃんは、フェラをするのは初めてだから教えてくれとのこと。

 

俺が椅子に座って、みーちゃんが床に座る体制でフェラ開始です。

 

ズボンを脱ぎ、俺の息子をボロンする。

 

あぁ、可哀想に。

息子さん、挿れる挿れないの問答ですっかり元気を無くし萎れてしまっている。

 

俺「まずは、片手で持って…。」

 

俺「痛く無いことが1番大事だから歯が当たらないように気をつけて咥えてみて。」

 

わかった。と頷き息子を咥えるみーちゃん。

 

そして、俺が続きを言う前に、頭を前後に動かし出した。

 

(初めてなのにわかってるじゃないか。)

 

普段、エロ動画でもみているのだろうか、問題なくフェラが出来ているみーちゃん。

 

俺の息子が口の中でムクムク大きくなると、ビックリしていた。

 

そのまま、裏筋舐めや、咥えながら舌をローリングなどを教えこむ。

 

この子、筋がいいぞ!
(裏筋だけに…)

 

だが、続けてといっても、15秒くらい舐めて休むを繰り返すので中々イケない。

 

気持ちよくても、これじゃあな…。

 

 

どうする!俺!w

 

イラマチオが解決

なかなかイケず、不完全燃焼。

遠征してイケないなんてあんまりだよ。

しょうがない…

 

俺「頭持って自分で動かしていい?」

 

みーちゃん「いいよ。やってみて。」

 

俺が逆の立場なら嫌だが、女の子ってイラマチオ 嫌いじゃない子が結構いるのが不思議だ。

 

だが、みーちゃんは初めて。

なるべく苦しくならないよう、同じ軌道で小さく丁寧にピストンする。

 

途中、苦しくないか聞いたが平気そう。

 

みーちゃんも、歯が当たらないように気をつけてくれて、すぐにイッてしまった。

 

 

イッたあと、「吐き出していいよー。」

とティッシュを渡すと、

 

「もう飲んじゃった。」とみーちゃん。

 

 

そして、なぜか「ご馳走様でした。」と言われた。笑

 

その後

 

カラオケを出て、なぜか2人で駅近くにあった庭園を散策。

古民家のような施設もあったので一緒に観光してから解散した。

少しだけ日帰り旅行も出来たわけだ。

 

そして、帰りの電車の中。

 

(今回の遠征は成功だったな。)

 

なんて考えていると、ラインがきた。

 

みーちゃん「今日はありがと。観光楽しかったね。カラオケのも楽しかったかも。」

 

後で、聞いたところフェラしてみたかったらしい。

そして、イラマチオ をさせられる妄想も良くしていたとのこと。

 

 

彼氏がいるから、セックスはできないけどフェラ友にはなってくれるってさ。

 

フェラ友が出来た瞬間だった。
(意味がわからんw)

 

最後に

今回の遠征は大成功というお話でした。

彼氏がいるから、本番はダメだけど、フェラはOKって理屈がわからんよな。

エロい事がしたいなら、彼氏とやればいいのにね。

 

だけど、ネットナンパ師としては大変ありがたいのでした。w

 

以上、Soyでした。

よかったら、ほかの話も読んで行ってくれよな!

 

 

同じように彼氏がいる処女の子とセックスした話はこちら↓

彼氏のいる女の処女を奪う【出会い系体験談】
出会い系の体験談。は彼氏がいるのに出会い系を利用している女はよくいる。 練習と称し処女をいただいた話。

おすすめの出会い系サイト

俺の1番おすすめはPCMAX(R18)だ。
出会い系の最大手だから、すでに登録している人も多いかもな。会員数が多く出会えるので、俺も長年メインで使っている。
登録無料で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
上の紹介リンクから登録すると、新規登録無料ポイントと年齢認証ポイントが20→30ポイントに増えるキャンペーン中だ。次点でハッピーメール(18禁)もおすすめ。

おすすめの出会い系サイトまとめ&ちょっとしたコツ
↓↓
『初心者におすすめの出会い系サイト!コスパ良し安全に出会える』