PR

セフレを心底好きになってしまった時の話【出会い系体験談】

みなさんこんばんは
ネットナンパ師Soyです。

 

セフレというのは、あくまでフレンドだ。

 

だが、友達を好きになることがあるようにセフレを好きになることは存分にありうるし、むしろ体の関係が続いている=性的には合格点というわけで、お互いにドライで居続けるのは難しいのかもしれない。

男女の甘いところだけを楽しむ関係だったはずなのに、その関係は崩れやすい。

 

 

だから、俺は最初から相手を本気にさせないように心がけている。

例えば、恋愛を装ってセフレ化しない、普通のデートはしない、連絡を取りすぎたり、依存するような素振りを見せないとか。

そして、相手が本気になる兆しが見られたら、深く傷つける前にサヨナラする。

 

俺は常に関係をわきまえている。

そのつもりだったのだが…。

 

今回は、俺がセフレを好きになってしまった時の話をしたいと思う。

俺が一番使っている
遊びで最強のおすすめ出会い系
スタートダシュキャンペーンで最大+1500ポイント
↓↓
PCMAXweb版(18禁)

出会い系で話し相手を探していた女

彼女の名前は、りーちゃん。

年齢は25歳。

いつもの通り、出会い系で知り合った。

 

 

彼女の出会い系の写真は無し。

プロフィールには、「精神疾患持ちです。話し相手になってくれる人を探しています。」そんなことが書いてあった。

メンヘラは深入りしてよかった試しは一度もない。

だが、ワンナイトがとてもたやすい相手でもある。

 

写真は後で交換を提案すればいいし、べつに、ただのLINE友達でも構わない。

ひとまず、何の期待も無しにメッセージを送ってみた。

 

 

返事はすぐに返ってきた。

 

りー「メッセージありがとうございます。よろしくお願いします。写真の猫ちゃんかわいいですね。」

 

俺「猫カフェすきなんですよね。りーさんも猫好きですか?」

 

おっ!礼儀正しいし、向こうから話を広げに来てくれている。

 

 

そして、話しているうちに、だんだんと彼女のことが分かってきた。

 

彼女は、元美容師で現在は無職になって1年。

実家住まい。

パニック障害持ちで働けなくなってしまったとのことだった。

 

 

そういえば、パニック障害って名前は聞いたことはあるけど詳しくは知らないな。

と思って調べてみたら、些細なことを脳が命の危機だと錯覚して、ドキドキ状態が継続してしまう病気なのだそうな。

 

彼女の場合は、遊園地に行って嬉しかった時にも呼吸困難になってしまうらしい。

安全だと頭では分かっているのに、体は緊急事態として反応してしまう。

想像するだけで大変そうだ。

 

 

それで、やり取り開始から2週間たった頃に、彼女に顔写真がみたいと言ってみたんだ。

 

りー「自分の写真を全然撮らなくて…去年の写真でもいいですか?」

 

りー「それに私可愛くないから…。」

 

俺「うん。去年のでもいいよ。」

 

りー「じゃあ…送りますね。」

 

送ってもらった写真を見てみると…

 

 

すだれ前髪で、ポニーテールにしている女の子が控えめにピースサインをしている。

小顔で目はぱっちり。

口は大きめ。

体系は華奢で俺好み。

 

 

めちゃくちゃ可愛いやんけ!!

 

ここまで可愛いなら、フィルター分を差し引いても可愛いはず!

 

定番のラブホで映画鑑賞

彼女が可愛いといっても、マッチングアプリでは会えることの方が少ない。

それに、彼女が求めているものはただの話し相手だ。

 

まあ、セフレになれなくても、会う前にフェードアウトする運命でも、彼女が人と話す練習になればそれでいいや。

そう思いながらも、4週間LINEのやり取りが続いたころ踏み込んでみた。

 

 

俺「暑い日は、冷房ガンガンの部屋で毛布に包まりながら映画観たいな。」

 

りー「それ最高の贅沢ですね。私もそれしたいです。」

 

俺「今度、一緒に毛布に包まりながら映画見る?」

 

りー「したいです!そのままお昼寝したい。」

 

りー「いつにしますか?」

 

 

お!かなり乗り気じゃないか?

 

俺は、出会い系のプロフにヤリモクを匂わせているので、彼女も分かっているはず。

 

 

俺「りーちゃんの都合がいい日に合わせるよ。」

 

りー「私はいつでもいいですよ。ニートなので。笑」

 

俺「じゃあ、明後日は?りーちゃんの方まで行くよ。毛布に包まりながら映画見られるところあるかな。」

 

りー「ありますけど、こっちまで来てもらうのは申し訳ないです。」

 

 

お。やっぱり彼女も分かっているぽい。

協議した結果、中間地点のラブホテルで会うことが決まった。

 

可愛い子とのヤリ確は胸が高まるぜ!

おしゃれだけどコミュ障の女

駅ビルで待ち合わせ。

待ち合わせの15分前に到着すると、すぐに彼女も到着した。

 

少し遠くから俺に目くばせをするスレンダーな女性。

この子が、りーちゃんだ。

 

髪型はポニーテール。

短パンを履き、へそ出しの黒いチューブトップに、黒のシアーシャツを羽織っている。

 

 

写真には劣るが、街でみかけたら目で追ってしまうくらいには可愛い。

 

おしゃれで細い女性が好きな俺はテンションが高まる。

 

 

りー「は…はじめましてー。」

 

男に慣れていそうな見た目の割には、緊張した面持ちのりーちゃん。

声がこわばっているし、ずっとニコニコ作り笑いをしている。

 

俺「話してたバックトゥザフューチャー持ってきたよ。」

 

りー「わー楽しみー。」

 

なんか、緊張しすぎてるのか棒読みだな。

 

まあ、すぐに慣れてくれるだろう。

 

すぐにコンビニ→ホテルへと向かった。

 

俺の苦手な喫煙者だと分かる

ホテルに着いて手洗いうがいをすると、すぐにりーちゃんの前に立つ。

 

りーちゃんは上目遣いで俺をうかがう。

 

まだ、外から室内に入ったばかりで汗も引いていなかったが、彼女を抱きしめると抱きしめ返してくれた。

 

 

そして、彼女にキスをしたのだが…

 

 

舌を絡ませた瞬間

 

 

辛…!!

 

 

辛いというか苦いというか科学的な味。

この子は喫煙者か。

 

 

出会い系のプロフの喫煙項目が空欄だったので分からなかったのだ。

俺はタバコは苦手なのだが、セックスをよりよいものにするにはキスはかかせない。

 

彼女に悟られないよう、心頭滅却して舌を絡ませ続ける。

 

キスをしながら、彼女の腰やお尻をまさぐる。

 

この子、細いけどお尻はムチムチしててエロいな。

ショーパン越しの撫で心地がたまらない。

 

 

ショーパンの隙間から、指を滑り込ませるとパンツが湿っているのが分かった。

ジュワッと押すと、りーちゃんは小さく「んっ…。」と声を出した。

 

 

アソコを優しくこすり続けると、りーちゃんが立っているのもつらそうに。

俺にすがり「はあはあ。」と息を荒げている。

 

 

彼女をベッドに押し倒し胸を揉む。

そして、直接、胸を揉もうとしたのが、チューブトップが固くうまく脱がせられない。

すると、彼女はすぐに自分から服を脱いで、全裸になってくれた。

 

 

彼女の裸はというと…

 

乳首はピンク色。

身体は細いが胸はC~Dくらいはありそうなボリューム。

下腹がちょっとぽっこりしているのが可愛い。

アソコは綺麗に剃られていてパイパンだった。

 

 

俺がじろじろ見ていたら本気で恥ずかしかったのか、手で必死に体を隠す姿が可愛かった。

射精のコントロールを失う

ベッドでは手マンをして挿入となったのだが…。

 

ここで思わぬ事態が起きた。

 

なんと、挿入して1分足らずで俺はイッてしまったのだ。

普段は遅漏気味にも関わらず。

 

 

興奮しすぎてしまって、ヤバいと思ってピストンを止めていたのにイってしまった。

 

これからりーちゃんに気持ちよくなってもらおうという時に、どうなのよ。w

 

 

俺「ごめん。イッちゃった。」

 

りー「え…大丈夫だよ。私でイッてくれるの嬉しいー。」

 

俺「りーちゃんを抱けるのが嬉しすぎてコントロールできなかった。」

 

りー「嬉しいー。」

 

 

フォローしてくれる彼女。

 

もう1回戦できるか?

俺は1発で打ち止めが多い。

また息子は起き上がってくれるのか心配だ。

 

 

だが、息子はファイティングポーズを崩さないどころか、やる気をみなぎらせている。

イケるか?まだタオルは投げないぞ。

 

ひとりでサッと息子にシャワーを浴びせ、ゴムを付け直す。

 

再挿入。

中折れしちゃうかもな…。

 

 

と思ったのだが、そんな心配は不要だった。

 

それどころか、またも5分足らずでイッてしまう俺。

 

 

俺「あ…イッちゃった…。イクつもりなかったんだけど…。」

 

連続で情けない。

 

りー「いいよー。何度もイッてくれて嬉しい。」

 

 

めちゃくちゃ優しい。

 

結局、この後すぐに3回目を開始。

なんとか普段通りにセックスすることができた。

 

 

普段1回で打ち止めの俺が、3回も連続射精できるなんて思わなかった。

 

 

この約1年後に知り合う生OKのセフレに、スーパーカマグラの力を借りて連続中出し3回戦をすることになるのだが、

ゴム有り薬無しほぼインターバル無しで、3回射精できたのはこの時がはじめて。

 

おしゃれでスレンダーで優しいというタイプの女性に、息子は正直に反応してしまったのだろう。

 

連続中出ししたセフレの話

22歳看護師に抜かずに連続中出しした話【出会い系体験談】
みなさんこんばんは ロマンチストのネットナンパ師Soyです。 俺には夢があった。 それは、壮大でロマンあふれる夢だ。 生挿入し、イッた後も腰を振り続けて何度も膣内に射精をする。 そして、女性の膣内を俺の精子で満たす。 そんな連続中出しに、男なら憧れるよな。 しかし、この夢にはいくつもの壁があった。 まず、勃起と興奮の維持。 基本的に1回で打ち止めの俺。 そもそも、萎えずに連続射精できるのか? そし...

 

彼女の魅力に気づきはじめる

俺「セフレになってくれない?」

 

りー「いいよー。私でよかったら…。」

 

と正式にセフレになった俺たち。

月に1~2回ペースで会うようになる。

 

 

セフレというのは基本的に短命だ。

どちらかの気持ちが変わってしまうこともあるし、不要になってしまうこともある。

会っているうちに性格が合わないことに気付いたり、相手に飽きることもある。

 

だが、りーちゃんはそんなことは無かった。

半年たっても、はじめて会った時のように優しいし、何回抱いても魅力的だ。

むしろ、彼女の魅力にどんどん気付いていく。

 

 

りーちゃんは心底優しいんだよね。

 

例えば、お会計の時は自分の分は払うと必ず言うし、なんならラブホ代まで半額払おうとする。

彼女が無職でお金がないことは知っているので俺がおごるのだが、心底申し訳なく思っていることが伝わってくる。

ありがちな慣れてお礼を言わなくなったり図々しくなることもないし、気持ちをため込みがちな彼女なのに「自分の分を払わないのは本当はよくないんだよー。」としっかり主張までする。

 

 

彼女が人ごみを歩くとパニックを起こしかねないとも聞いていたので、彼女の家に近いラブホで会うのを俺は提案するのだが、家がお互い遠いこともあって、俺の負担が大きくなってしまうのはよくないと嫌がる。

 

 

俺の細かな気遣いにもすぐに気づいてお礼を伝えてくるし、ラブホで一緒にテレビを見ている時の雑談でも人を悪く言うことは絶対にない。

反射的になってしまう状況でも、第一に相手への配慮を考えているところもうかがえる。

 

 

タバコも、俺が苦手なのを察したのか、会う時は持ってこないし、代わりにマウスウォッシュと歯磨きを持ってくるようになった。
(それでもキスするとまだ吸っているのは分かるけど。)

キスで喫煙者とバレるのか明確に回答する!
みなさんこんばんは ネットナンパ師Soyです。 最近では、タバコは迷惑・健康に悪いという認識が多勢になり、喫煙者の肩身がどんどん狭くなってきている。 厚生労働省の調査によると、1995年には50%を超えていた男性の喫煙率は、2020年には27%と半分近くまで減少しているらしい。 出典:国立がん研究センターがん情報サービス マッチングアプリや出会い系でも、喫煙者はお断りという女性の方が多く、タバコを...

 

付き合いが長くなると欠点が見えてくる人の方が多い。

 

見かけも可愛いしいい子だけど、喫煙者だし、確率で言えば通り過ぎていく女性のひとり、俺が付き合いたいと思うことはないだろう。

 

はじめはそう思っていたのに、会うたびに彼女の魅力にはまっていった。

彼女に告白しようと決心する

ふとした時に、彼女のことを思い浮かべるようになった俺は、自分が彼女を好きになってしまったということに気付く。

彼女の年齢の割にある目じりの小じわやシミも可愛いとすら感じるようになっていた。

 

 

そして、次に会った時に、彼女に付き合って欲しいと伝えようと決心する。

 

 

しかし、彼女と会えることはもう無かった。

 

ラインの返信も途絶えてしまった。

 

セフレの終わりらしく、何も無かったかのようにフェードアウトした。

 

 

あくまで俺の推測だが、彼女にほかの男ができたのだろう。

 

 

彼女には、タイムリミットがあった。

無職で家庭で孤立していた彼女は、家を出なければいけなかったのだ。

そして、家を出るために新しい仕事を探していたのだが、恐怖心があるのだろう進捗はよくなかった。

 

彼女が必ず乗り越えなければならない壁だと思っていたので、

 

「大丈夫。りーちゃんは才能がある。」

「りーちゃんほど細かなところまで気を配れて、それを継続できる能力のある人はいないよ。」

「自分のペースでしやすい仕事なら、持ち味を生かせるんじゃないかな。」

 

と彼女が自信を持てるよう励まし続けていた。

 

 

そんなある日、彼女に言われる。

 

りー「わたしね。いまひとり暮らしする準備してるんだー。」

 

俺「部屋決まったんだ?どの辺りに住む予定なの?」

 

りー「○○駅で仕事探してるから○○近くで部屋も探してるよー。」

 

その後は、言葉に詰まる彼女。

 

りー「あの…それでね。」

 

りー「あのー…Soyくんは職場どこだっけ?」

 

俺「俺は△△だよ。」

 

りー「え…あそっか…近かったらよかったんだけど…遠いよね。」

 

りー「Soyくんは……………。」

 

彼女の妙に緊張した姿。

俺の職場の場所を気にしている様子。

彼女は、俺に同棲を提案しようとしたのではないだろうか。

 

りー「あの…私が一人暮らししたら絶対遊びに来てね!」

 

俺「うん。会いに行くね。」

 

 

切なげな顔で、俺に全力の作り笑いを見せるりーちゃん。

 

彼女が言葉を飲み込んだのは分かったが、この時の俺は自分が彼女を好きなことに気付いていなかった。

 

そして、いま俺が住んでいるアパートは同棲禁止、引っ越しするにも急すぎる、同棲したらこのブログも続けられない、タバコやめてくれなかったら一緒に住むのはしんどいな。

はっきりとは言われていないし次に会う時までに考えを整理しておこう。

と瞬間的に計算してしまった。

 

 

彼女が欲しかったであろう言葉は分かったが、見なかったふりをした。

 

 

 

この出来事から1か月後くらいに、とつぜん彼女からの連絡が途絶えた。

 

 

それで、ここからは完全に俺の妄想だが、

 

彼女は就活を頑張ろうと思ったものの、やはり面接に行く勇気を持てなかったのではないかと思われる。

だが、家族に追い出されるタイムリミットは迫っていた。

そこで、ほかに転がり込ませてくれる男を見つけるという最終手段を選択したのではないだろうか。

そして、男が見つかった後は、セフレの俺とは連絡を取らないようにした。

 

真実はわからないけどね。

りーちゃんとのその後

気持ちを伝えようと思った矢先、彼女から返信が無くなってしまった。

 

セフレは片方が終わりと思ったら、察してフェードアウトするもの。

最後まで都合よくいるべきだし、その方が良い思い出として残しておける。

 

そうは分かっていたが、俺はどうしても彼女に今までのお礼がしたかった。

そして、フェードアウトは何かの間違いで、できればまた連絡を取り合えたらというかすかな望みも持っていた。

 

 

そこで、連絡が途絶えて数か月後、彼女の誕生日にLINEギフトを送った。

 

重すぎる言葉やプレゼントを贈ると、彼女は恐縮してしまうだろう。

彼女の好きなスタバのギフトカードに「りーちゃん誕生日おめでとう。この1年が素敵な年になりますように。」とだけ付けて送った。

 

 

すると昔のように、「ありがとう。覚えててくれて嬉しい!!私もsoyくんが素敵な1年を過ごせるように願ってる。プレゼントも本当にありがとね。大事に飲ませてもらうね!本当にうれしい!」と、ちいかわの絵文字がたっぷりの返信が返ってきた。

だが、これは彼女の律儀な性格ゆえで、また会えることはないだろう。

やはり、2日後には返信は返ってこなくなった。

 

 

でも、優しくて察しのいい彼女なら、俺の感謝の気持ちはきっと届いていると思う。

 

 

以上、恋愛エピソードは、書いていてめちゃくちゃ恥ずかしいわ。

今頃、彼女が辛い思いをしていないといいなと思う。

 

Soyでした。

よかったら、ほかの話も読んでいってくれよな!

 

 

りーちゃん以外にもセフレに惚れたことがある。

その時のエピソード↓

ヤリチンの恋バナ!今でも忘れられないセフレの話【PCMAXの体験談】
みなさんこんばんは ヤリチンだが恋バナするのは恥ずかしいネットナンパ師Soyです。 みなさんは、何目的で出会い系を利用しているだろうか。 俺はというと完全に遊び目的だ。 遊び目的なので、とうぜん付き合うことは考えていない。 ワンナイトで終わるか、継続してセフレになるかのいずれかだ。 だが、何人も遊んでいると、性格も見た目もタイプな、めちゃくちゃいい女にも遭遇する。 そんな時は、 「この子と付き合っ...

おすすめの出会い系サイト

俺の1番おすすめはPCMAXだ。
出会い系の最大手だから、すでに登録している人も多いかもな。会員数が多く出会えるので、俺も長年メインで使っている。
登録無料で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
登録は、アプリ版よりポイントが安くキャンペーンがあるPCMAXweb版(R18)がお得だ。次点でハッピーメール(18禁)もおすすめ。

ほかにも遊びでも使える出会い系アプリをまとめてみた
↓↓

タイトルとURLをコピーしました