マッチングアプリで「すぐに会う」はおすすめしない理由!俺の会うまでの行程

みなさんこんばんは

ネットナンパ師Soyです。

 

出会い系では、ひとまず沢山の人と会ってみるべきかやり取りをして仲良くなってから会うべきか、悩む人も多いのではないだろうか。

 

仲良くなってからの方が、会った時に話やすいし、ことが運びやすい。

だが、じっくり行き過ぎていると、ライバルに先を越されたり、フェードアウトされてしまうこともよくある。

 

チャンスの機会をたくさん作るべきか、見極めて育てるべきか…。

 

 

結論からいうと、ひとまず会ってみるスタイルはおすすめしない。

 

時間をかけて仲良くなってから会った方が、圧倒的に楽だし、良い関係を築ける。

まじめな関係でも、遊びでも。

 

というわけで今回は、ひとまず会うスタイルがおすすめしない理由と、例外パターンなどを語って行きたいと思う。

即会いは難易度が高い

すぐに会うスタイルがおすすめしないのは、時間をかけて会う方法より明らかに難易度が高く、負担が大きいからだ。

 

すぐに会うスタイルは、会う相手の人数を簡単に増やすことができるので、チャンスを増やせていると錯覚するかもしれない。

だが、自分にあまり興味がない人の振り落としや、関係を育ててから会う事ができない。

そのため、会っても冷たい態度、1回目のデート後の音信不通率が高いなどの比率があきらかに高くなるのだ。

 

 

実際に、俺は昔「ひとまず会う」スタイルでどれだけ会えるのか試したことがあった。

俺の場合は、遊びなのでオフパコがゴールな。

 

1ヵ月半試した結果、会った人数は17人でオフパコできたのは3人という散々な結果だった。

しかも、その3人は即会いではなく、即会いしようとしたけど会うのに1ヵ月かかってしまった人達な。

つまり、即会いでは成果はゼロ。

 

無駄に金や時間はかかるし、塩対応で会話が弾まなかったり、2回目のデートに繋げようとしても音信普通になったりと、精神がかなり疲れた。

もう途中からは、「今回もダメなんだろうな…。」と憂鬱な気分で待ち合わせ場所に向かっていたのを覚えている。

 

 

これを聞いて、お前が遊びだから散々な結果だったんじゃないかと思うかも知れないが、ホテルに誘う前から手ごたえ無しだったので、真面目な出会いだろうが成果なしなのは変わらんだろうな。

 

じっくりやり取りして会ういつものスタイルでは、1ヵ月で2~3人としかご新規さんとは会わないが、ほぼオフパコできるし嫌な思いをすることは少ない。

じっくり会っても、1ヵ月の成果は変わらないし、時間・精神的な負担は圧倒的に少ない。

どちらが楽で効率的かは明白だ。

 

 

とは言っても、これは俺の場合の話。

見惚れられるほどのイケメンであれば即会いでもうまくいくのかもしれんな。

じっくり会った方がネットナンパのメリットが生かせる

では、なぜじっくり会った方がうまく行くのかというと、ネットナンパの強みを生かせるからだ。

 

ネットナンパの強みとは、

・ストナンと違って相手も出会いを求めている
・簡単に多くの人に声をかけられる
・会う前に話して仲良くなれる

と色々あるが、この中でも、「会う前に話して仲良くなれる。」というのは超重要になる。

 

 

まず、心理学で単純接触効果というのだが、知れば知るほど相手に好意を持つ人間心理がある。

わかりやすくいうと、慣れて警戒心が薄れたり、受け入れやすくなる気持ちな。

みんなも、はじめは慎重に見ていた芸能人やyoutuberを、気づいたら好きになったこととかあるんじゃないか。

 

この心理効果はかなり強いと痛感する。

現実に顔を合わせる前に仲良くなっておくと、顔がイマイチでも受け入れてもらえるし、むげな態度をとられることも少なくなる。

単純に、会った時に話題の種を膨らませやすいというメリットもあるな。

 

 

そして、人間は約束ごとがあると、多少不本意でもその約束に従いやすい。

具体的には、会う前からオフパコやハグの約束を済ませておけば、写真より不細工だなと思われていても、約束に流されるのでオフパコできる。

一度OKしたものを断るのって難しいんだよな。

 

それで、1回セックスすると好意的になる女性は多いので、おっさんの俺でも若いセフレや恋人が作れたりする。
(やっちゃった事実の辻褄合わせで相手を好きになるとか言われているけど、マジでこの心理はあると思う。)

 

 

即会いの場合は、この単純接触効果や、約束したことを断るのは難しいというメリットを放棄して戦うことになる。

つまり、即会いは、ネットナンパよりストリートナンパに近くなるようなものだ。

即会いはリスクという点でもおすすめ出来ない

じっくり関係を育てた方が楽な理由を説明してきたが、即会いでもうまくいくパターンがある。

その説明をする前に、無視できない即会いのデメリットがあるので、もう少し詳しく即会いのリスクの説明していく。

 

即会いのデメリットは、機会を増やしたところで大して結果にコミットできないし、時間、金銭、精神的な負担が大きくなるというのが、一番大きい。

だが、それ以外にも、純粋な出会い目的ではない輩のリスクが増大するというデメリットもある。

業者とかね。

 

彼らは、効率よく結果を出さなきゃいけないから、すぐ会いたがるんだよね。

まあ、マッチングアプリには投資詐欺とか色々いるけど、会おうとしてくるのは以下の輩な。

風俗系の業者
キャバ・ガールズバー系
ボッタクリバー
飯乞食
ネットワークビジネス
美人局(つつもたせ)

 

風俗系は、ファーストメッセージからセックスを誘って来たり、会う前に金銭の話があるので見分けが簡単。

キャバ・ガールズバーは、個人での営業なので少し見分けが難しいが、最終的にはお店に来てという話になるのでこれも見分けられる。

 

ボッタクリバーは、キャバ系より見分けが難しい、ダーツに誘って来たり、新宿で飲める人とか場所指定で即飲みの話をしてきたら注意。

 

飯乞食は一般人なので見分けが難しい。
よく焼肉食べたいとか掲示板にかいているのはだいたいそう。
男を財布としか見ていないので関わらない方がいい。
会話のラリーが続かなかったり、予定を立てて会えない女は注意。

例↓

【出会い系失敗談】派手髪の奢らせようとする女。歴代No.1の地雷
みなさんこんばんは ハデ髪では無くハゲ髪。ネットナンパ師Soyです。 俺は今まで200人以上の女とデートしてきたが、この前トップクラスの地雷女と遭遇してしまった。 いや、もうNO.1地雷女と言っていい。 出会い系をやっていると地雷女は避けられないもの。 だが、今思うと判断の甘さ・遅さなど、反省すべき点は山ほどある。 という...

ネットワークビジネスも、一般人なので見分けが難しい。
プロフィールにおすすめのダイエット方法を教えますとか書いてあったり、スポーツサークルに誘ってくるやつはネットワークビジネスなので無視。

例↓

貧乏ガールと勧誘業者の男【出会い系体験談】
みなさんこんばんは ネットナンパ師Soyです。 出会い系・マッチングアプリには悪質な業者が紛れている。 違法風俗、動画サイトに登録させることで収益を得る業者、会う前にAmazonギフト券を先送りしろという詐欺師、なんかは割とよく見るよな。 まあ、そんなやつらはメッセージの段階であからさまなので、1週間も出会い系をしていればすぐに見分けられる。 だが...

 

美人局は犯罪だな。
過去の事件を調べると、登録が不要な無料アプリが舞台で有料アプリではほとんどない。

じっくり会えば、これらのリスクはほぼ無くなるのだが、即会いをする場合には特徴を知り警戒しておこう。

すぐに会ってもうまく行くパターン

俺はじっくり会うことをすすめるが、以下の特徴がみられれば即会いすることもある。

相手の熱量が高い

即会いでも、じっくりでもどちらでも言えることだが、相手の熱量が高くないと会ってもうまくいかない。

熱量が高いとは、返信が即レスであったり、話題を広げてくれたりと積極的、イチャイチャした話も出来る女性な。

基本的には出会い系の女性は受け身で対応が冷めているので、熱量のある女性はすぐ分かるはずだ。

 

早い段階でも、ハグしたいなどイチャイチャした話をしても引かれずに盛り上がるようであれば、会ってもうまくいく。

恋人持ちなのに登録している

相手のプロフィールに恋人がいるなどの記載があれば、暇つぶしや、友達作りではじめましたなんて書いてあっても遊びもだいたいOKだ。

まあ、恋人がいるのに出会い系で登録している時点でお察しだよな。

彼女たちは、話が早く、すぐに会ってもオフパコしやすいので、ガツガツ食い気味で行ってしまっていい。

普段の俺が会うまでの行程

上で紹介した即会いでうまくいくパターンは滅多にないと思った方がいい。

基本的には、関係を育てるという行程が必要になる。

 

俺の場合はいつもこんな感じ。

ファーストメッセージ

返信があれば趣味などの普通の会話

早い段階でLINE交換

好きなタイプや罰ゲームの話などからスキンシップ系の話を振る

相手も乗り気ならハグしたいなど伝える

実際に会う場所を決める

会ったらほぼオフパコ

 

最初は、相手の写真やプロフィールをよく見て、趣味系の話を振ってみる。

「〇〇さんの最後の写真綺麗な海ですね。海外ですか?」みたいな。

 

それで、一通り趣味の話をしたら、LINE交換をお願いしてみる。

だいたい交換してくれるし、交換できない人は話をつづけたところで感触は良くならないから切ってよし。

 

LINEに移動したら、また趣味の話などをしつつ、レスポンスがよければ好きなタイプの話などへ移行。

恋愛系の話は、スキンシップの話に移行しやすい。

別れてどれくらい?という話から、恋人いないと人肌恋しくなるよね。という話に持って行ったり、ゲームで勝負する話を振って、罰ゲームでくすぐるね!と持って行ったり。

 

そのスキンシップの話題への相手の反応をみて踏み込んでいくか決める。(私もくすぐり返しますから!とか言われたら踏み込んでいい。)

相手の反応がイマイチなら、イチャイチャした話はやめて日常的な会話で様子をみる。

 

そして、相手にハグしたいと伝えた時に、相手から「外ではだめです。」といった返事がきたら相手もかなりその気。(よくあるパターン。)

じゃあ、室内で会おうと約束する。

 

下の記事でも話しているけど、会う日は相手に選ばせるといい。

出会い系では一人暮らしの女の家に上がり込むべし
みなさんこんばんは ネットナンパ師Soyです。 たびたび話してはいるが、俺は出会い系で相手の女が一人暮らしと分かったら積極的に上がり込むようにしている。 それは、自分の家に呼ぶより格段にヤレるからに他ならない。 あと、シンプルに人の家でするのは興奮するというのもある。笑 でも、初対面で家に行って美人局(つつもたせ)だったらどうするんだと心配する人も...

相手の空いている日を聞いて、そのうち1週間ほど期間が空いている日のどちらかがいいと選択、最後は相手に選ばせる。

すると、なぜか会った時に生理に当たることもない。笑

 

 

この行程はいつもだいたい2週間~1ヵ月くらいかかる。

フェードアウトしてしまう女性はかなりいるんだけど、無理に会ったところで上手く行かないというのは、最初に話した通り。

うまく選別できたと考えた方がよい。

即会いは、この工程を短期間でクリアできた時だけだな。

参考にしてみてくれ!

 

 

以上、即会いしても上手く行かないという話。

俺の経験が諸兄の役に立てば幸いだ。

Soyでした。

よかったら、ほかの記事も読んでいってくれよな。

 

ファーストメッセージの送り方

出会い系で最初に送るメッセージ(メール)の書き方・コツ
みなさんこんばんは ネットナンパ師Soyです。 無料のいい加減な出会い系だと、性別を自由に変えられるのだけれど、変えてみると気づくことがある。 メッセージを送ってくる男性のほとんどが、ちゃんとしたメッセージを送れていないなって。 逆に言えば、ライバルの男たちは大したことがないから、 まともなメッセージが送れれば出会えるって事なんだけどね。 ...

おすすめの出会い系サイト

1番おすすめはPCMAXだ。
運営18年以上、会員登録数1500万人以上の最大手のマッチングサイトなので、知っている人も多いと思う。
アクティブユーザーも1日60万人いるので、簡単に出会いやすい。
俺もメインの出会い系として、長年愛用している。
女性は完全無料。
男性は、登録無料、月額費不要で初回無料ポイントも貰えるから、使ったことがない人は試してみることをおすすめする。
登録は、アプリ版よりポイントが安くキャンペーンがあるPCMAXweb版(R18)がいい。登録から2日間以内なら購入ポイントが増えるキャンペーンもやっているので、この期間にポイントをまとめ買いしておくとお得。
次点でハッピーメール(18禁)もおすすめ。

おすすめの出会い系サイトまとめ&ちょっとしたコツ
↓↓
『初心者におすすめの出会い系サイト!コスパ良し安全に出会える』

タイトルとURLをコピーしました