【出会い系失敗談】中出しOK!とスソガの女に言われた話

みなさんこんばんは
臭いの苦手ネットナンパ師Soyです。

 

 

スソガってみなさんご存知だろうか。

まあ、言ってしまえばアソコが臭いって事だ。

単純に、ワキガと同じで臭い人もいれば、細菌性膣炎なんて言うれっきとした病気であったりもする。

 

正直、挿れるのをためらってしまうのだが、出会い系をやってると、このスソガってよく当たるよね。

体感として10~15%くらい。

ここ最近の戦績は、3人連続でスソガがヒットして萎え萎えの俺なのだが、その3人目の子の話をしたいと思う。

 

 

やはり写メ詐欺会ったらデブ

マッチングアプリで会ったらブス・デブというのは、もはや避けては通れない。

リアルではデブはそんな見かけないのに、マッチングアプリでは何故こうもデブが多いのかと国際会議でスピーチしたいほど。

 

まあ、それでも好き嫌いなく何でも食べちゃう俺には関係なかった。

今回あった子も、加工でバリバリで写メだと細いコだったが問題ない。

 

むしろ、自分から手だって繋いじゃう。笑

 

まあ、そして退屈なお散歩デートのあとに切り出してみた。

 

「今から、ゆきちゃんの家行っていい?」

 

「えー何もないよ?来て何するの?」

 

「んー行ってみたいんだよね。嫌?」

 

もともとから、散歩もするけどセックスもありかもね?という話で会った関係だ。

なので、俺の誘いはヤろうよ。

という提案に近い。

「いいけどー。部屋汚いからね?」

 

よし!OKという事だろう。

後悔先っぽ立たず

彼女の家に行く時、何度か後悔した。

彼女の後ろ姿が俺よりデカかったからだ。

 

これに入るのか??届くのか?

 

電車の中にいる他の女の子は、細いし可愛い。

どうしても、見比べてしまう。

 

俺はこいつとしてしまうのか???

 

何度も帰りたくなったが、誘っといて恥をかかせるのもね。

 

相手は若いし、顔は下の上くらい…イケる…うん!イケる!!

 

外角ギリギリいっぱい!

頑張れ俺!!

部屋の外にほおり出される

そして、相手の家に着くやいなや、部屋が汚いから外で待っていて欲しいとのこと。

 

季節は真夏。

えー蚊がいるんですけど…。

まあ、でも5分だけというので大人しく待つ。

その間、案の定、蚊が俺に群がり始める。

 

 

だが、5分経っても…いや、10分経っても部屋はあかない。

中からはガサガサ音がする。

もう入ろうとするも、ドアにはしっかりと鍵。

 

「入れてー!」と言っても、「もうちょっとー。」

もうすぐ、20分経つのだが!?!?

 

蚊にさされないようにクルクル動き続ける俺。

そして、ようやく玄関が空いた!

 

 

ちょっとイライラしていたのだが、

扉を開けた、ゆきちゃんは短いTシャツワンピースに着替えていた。

薄い素材に短いスカートから覗く若い太もも。

 

はじめて、ヤリたいかも?と食指が動いた。

 

時間がないのですぐ始まる

終電まであと1時間30分。

 

俺は泊まる気など毛頭ない。

帰って自分のベッドでゆったりと寝たい。

 

なので、部屋に入るなり速攻抱きしめた。

 

が、すごい抵抗。

 

体がデカいからパワーもデカい。笑

 

振りほどかれてベッドの上に逃げられてしまった。

 

えー…やる約束もしてたじゃん。

彼女を追いかけ俺もベッドの上に。

 

が、距離を取られる。

何これ…面倒くさ…。

 

面倒くさかったので、雑に抱き寄せキス。

すると、ゆきちゃんは何故か逃げず自分から舌を絡ませてきた。

さっきの抵抗は何だったんだよ。

 

その後は順調。

また逃げられたら嫌なので、キスをしながら胸を揉みしだく。

すると、ゆきちゃんは敏感に反応。

 

乳首を指先で転がすと、舌を噛み切られるんじゃないかと思うほど、

「はァァアン!ひゃぁあ!」

と声を出していた。

 

 

が、この時点で嫌な予感がしだした。

スソガの香り

ゆきちゃんは感じて両足が開いてきた。

俺が覆いかぶさり、正常位のような姿勢である。

 

まだ、パンツは脱がしていない。

決して、パンツは脱がしていない。

 

のだが、ムワーンとした臭いが…。

 

あっ、これヤバいやつかも。

 

スソガの人ってなんだろうね。

1番近い臭いは何なのかと言われると、ボクシンググローブに近いと思う。

ボクシンググローブって、スポンジで出来ている上に裏返せないし乾かしづらいでしょ。

それで、ジムで共用で使われているやつなんかは、乾く暇もなくみんなの汗を吸い込み常に湿っている。

夏の間ずっと。

 

それで、カビのような腐った汗のような独特な臭いを放ち、1度手にはめたなら手を洗っても臭いがとれないのだが、それと同じ臭いがする。

 

もちろん、スソガも手マンしようものなら洗っても臭いは落ちない。

 

あーヤバいヤバい。

パンツはいてるのに、臭いものにフタが出来ていない。

だが、あとにはひけぬと彼女の股を開くと、ムワーンとさらなる強い臭いが。

 

 

うわっ…今まで出会ったスソガの中でも1番臭いかも…。

 

だが、ここで引き返すのも申し訳ないよな…。

 

 

意を決してパンツを脱がす!

 

その瞬間、ガチンと鼻の奥を殴られたような衝撃がっ。

 

本当に臭い!その臭さヘビー級。

 

タレを指に付けたくなかったので、クリだけクリクリしながら考える。

 

(どうしよう…。挿れたら息子ちゃん酸で溶けちゃうかも。)

 

すると、ゆきちゃん

 

「いいよー?そろそろ…」

 

(それは…催促!?)

 

「ひさびさだけど…」

 

「…」

 

「ねぇ生派??」

 

(なんだその質問!?!?)

あなたは生派?ゴム派?

俺「その派閥があることは初耳だな…」

 

ゆきちゃん「前付き合ってた人が生派だったんだよね。」

 

俺「それって生で挿れていいってこと?」

 

ゆきちゃん「いいよー。そっちの方が好き。」

 

俺「そんな事言ってると中出しするぞ?」

 

ゆきちゃん「うーん…大丈夫な日だと思うからいいよ?」

 

ゆきちゃん「された事ないからしてみたいし。」

 

 

俺には遊びは絶対ゴムを付けるというルールがある。

それのおかげで経験人数150人越えながら病気の経験は1度もない。

 

だが、生でいいよと言われると揺らぐ。

だって絶対気持ちいいから。

 

 

が、このスソガよ!リスクが高すぎる!

 

一瞬心が揺らいだが、危険なかおりがする場所に裸の息子を放置する訳には…。

 

ゆきちゃんが臭くなかったら危なかった。

俺は、「でも、男のマナーだからつけるね。」とゴムを取り出す。

 

 

おかしいな…。

さっきまで、入れるかどうか躊躇していたのに、挿れる流れになってしまった…。笑

 

 

その後は、なんやかんや気持ちよかった。

 

なにせ、ゆきちゃんは濡れやすく名器。

 

しかも、可愛い猫なで声で「気持ちよくなって?イッていいよ?」と耳元で囁いてくる。

 

体も柔らかいし抱き心地がいい!

立ち上る臭いに目をつぶれば!

 

感度も抜群で、近所迷惑なほど。

 

俺は包み込まれるように果ててしまった。

賢者タイム

イッた後、「私たち相性すごく良かったね!」という彼女。

 

悔しいが、気持ちよかった…。

 

だが、俺は賢者タイムに。

 

(可愛くないし…それに臭い。)

 

(とにかく臭かった。)

 

そして、すぐ帰らなければならない時間となった。

 

「いつでも来ていいよ?」と玄関口で言う彼女。

 

「うん。またしよう。」と答えたが、もう二度と行かないと思う。

 

 

 

帰り道、自分の指を嗅ぐ。

 

あまり触れないようにしていたが、案の定強烈な臭いがこびり付いていた。

 

駅で丁寧に指を洗う。

 

やはり、1回洗ったくらいじゃ落ちない…。

そんなの分かってる。

 

3回くらい洗い直したが、結局落ちず。

それも分かってる。

 

そして、帰宅後に自分の息子の根元についた臭いで悶絶するんだろうなという事も分かってる。

 

あー本当にスソガ臭苦手…!!

誘いに乗らずゴム付けて本当によかったな。

 

ありがとうサガミオリジナル。

 

 

以上、Soyでした。

よかったら、他の話も読んで言ってくれよな。

 

可愛い子に生を誘われた時の話。この時は一番揺らいだ

可愛い女の子にナマで入れてとせがまれた話【出会い系体験談】
出会い系の体験談。待ち合わせにきた子は小顔美人のハーフの女の子。 ナマの方が気持ちいいからナマで挿れてとせがまれたのだが…。 どうする俺!

スソガ達 みんな太ってた

【出会い系失敗談】耐えろ!シュールストレミング女【SNOW詐欺】
出会い系の失敗談。待ち合わせ場所に来たのは写メとはまったく違う女だった。 おまけに非常に臭い。だが舐める約束をしてしまっていた俺…。 どうしのぐ。笑
【出会い系失敗談】歳をサバ読んでいてバレた話
出会い系の失敗体験談。歳を鯖読んでいてバレた話。 汗をかくほど暑い時は皮膚の感じでバレるよね。笑
【出会い系失敗談】某県でモルボルに出会ったあ〜【写メ詐欺】
出会い系の失敗談。待ち合わせ場所にきた女は詐欺写メ名人だった… 交通の便が悪い田舎まで来てしまった俺。 帰りのバスはまだ来ない どうやって逃げればいいんだ