「先っちょだけだから」と言ってみた話【出会い系体験談】

出会い系体験談

みなさんこんばんは

さきっちょは全体の70%ネットナンパ師Soyです。

 

「先っちょだけだから!」

「ほんと、先っちょだけだから!」

 

良く見聞きするこの言葉。

みんなは本当に言ったことがあるだろうか。

 

俺は言ったことがある!w

「先っちょだけだから」(ほんと、先っぽだけだから)と言うとほんとに挿れさせて貰えるのか、果たして本当に先っちょだけで済む話なのか。

そんな今年の夏にあった話。

 

出会い系で知り合ったニートの女の子の家へ

天気がいい夏の日。

俺は電車、路線バスを乗り継ぎ、団地にやってきた。

巨大な建造物が青空にむかってならび、どことなく湿った空気のコンクリートの階段。

子供の夏休みの宿題であろう鉢植えが置いてあったり、
団地って、なんだかノスタルジーな気持ちになる。

今回あった子は、実家暮らしのニートの女の子。

学校卒業後、就職せずにそのままニートになったらしい。

出会い系には暇を持て余したニートの女の子って結構いる。

 

団地って面白い構図で棟にトンネルがあって通り抜けられるようになっている。

冒険をしている気分でワクワクしながら、いくつもの棟をすり抜け目的の棟に到着。

が、女の子はいない。

というか、こんなに住宅があるのに誰ともすれ違わない。

LINEで「どこ?」って聞くと、
「玄関の前にピンク傘がかかってる家だから入ってきて?」と言われる。

 

えっ…ほとんどの家、いたるところに傘がかかってるんですけど…。

 

ひとまず、分からないので階段を登っていくことに。

各部屋の傘を確認しながら階段を登る。

4階くらいに到着すると、傘を確認する前に玄関のドアが開いた。

「どうぞ」

話をきくと、窓から俺を見ていたらしい。

もっと、わかりやすく部屋番号教えてくれよ!と思ったが、
部屋番号を教えなかったのは、ヤバそうな人が来たら家に上げさせないためなのだろうか。

彼女の服装は上下灰色のスウェット。

夏なのに暑くないのだろうか?

 

彼女の部屋へ

両親は仕事でいないとのことで、彼女の部屋で麦茶を出してもらった。

麦茶の容器も、むかし懐かしい感じで、
なんだか友達の家に来たみたいで不思議な気分だ。笑

ひとまず、することも無いので一緒に雑誌をみる。

友達かよ。
とも思ったが涼みたかったしね。

雑誌を読みながら、彼女の髪を撫でていると彼女は「寝る!」っと言って2段ベッドの上のベッドに登って行ってしまった。

 

20歳で2段ベッドなんだ。

と心では思ったが、突っ込まず彼女を追いかけて2段ベッドの上に。

2段ベッドって天井が近い。

高さ的に寝ることしか出来ないので、彼女と添い寝する形に。

この部屋、テレビもラジオも無くすることがないので、彼女の横に寝て彼女の髪をひたすら撫でる。

彼女がこちらをむき抱きつくような姿勢になったので、徐々に髪以外に背中や、お尻も撫でる。

何にも抵抗が無いので、胸も揉む。

胸を揉んでも抵抗なし。

と思ったら、暫くして
「ちょっと!何触ってるの?」と怒られた。笑

 

「触りたくて。柔らかくて気持ちいいよ。」
と言ったら、
「まぁいいけど。」
と許可をくれたので、大胆にブラをずらし、服に手を突っ込み直接触る。

また怒られるかな?と思ったが、
「ちょっとー……」とトーンダウンした声で言われただけだった。

(怒られたら、触っていいって言ったじゃん。というつもりだったw)

error:Content is protected !!